2018年07月20日

オオキツネノカミソリ、猪瀬戸湿原へ

7月20日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1730113.JPG

もうそろそろオオキツネノカミソリが見頃かなと、由布岳麓の猪瀬戸湿原へ。

18日早朝4時起きしたが今回は由布岳には登らないので、そんなに早く出発しなくても好いだろうと
明るくなるのを待ち、英彦山を5時20分に出る。
野峠を下り途中の魔林峡でひと遊びしたり、それでも付近の田んぼにはもう人が出ていて、農家さんは
早起きして水の具合とか見て回っているんだな・・と思う。

豊後森から湯布院辺りまでは、ちょうど出勤時間と重なったようで交通量が多かったが、そんな
こんなで8時40分に湿原に到着。

P1730122.JPG

サクラソウで来た5月からは想像もつかないほどに夏草が茂っているが、木道も歩き易いように
きちんと草刈りがしてあり、その中にハンカイソウが小群落をつくっている。

太陽がギラギラしてくる時間だが、時折りの風が涼しさを連れてくる。
目指すは、奥の林だ。

P7180021.JPG


P7180028.JPG

ちょうど好いタイミングだったようで、見事に咲き揃っている〜!

木漏れ日の中の華やぎは感動モノで、暫くは小路を行ったり来たりしてこの景色に浸り、そうだ
写真を撮らないと〜!
花の傷みは一本もなく今日のこの日の為に咲きました、という感じ。

P1730102_collage.jpg


P1730109.JPG


P7180027.JPG

好いものに巡り合いました、有り難うございました。

★ つれづれに一句

  静かにも かくも華やぎ 夏の花    yamahiko
    ・しずかにも かくもはなやぎ なつのはな


次は水辺だ、男池へ。
明日へ続きます。








posted by やまひこ at 03:22| 山行記録

2018年07月19日

茅の輪

7月19日(木)

7月20日(金)は、高住神社の夏越祭です。
茅の輪くぐり、と云った方が分かりやすいかも知れませんね。

朝から気温も上がり、これから盆までが盛夏とされ一番暑さが厳しい頃となる、それを乗り越え、
これからの日々の安全を祈願する神事です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7180064.JPG

P7180066_collage.jpg

昨日は、「茅の輪」の準備中でした。
茅(ち=カヤ)とは、茅萱(チガヤ)菅(スゲ)薄(ススキ)などの総称で、この輪をくぐり
罪や穢れを取り除き、心身が清らかになるように祈願するものです。

◎ 高住神社ブログより

平成30年 7月20日(金・土用の丑)
午前11時より 夏越祭祭典・高住神社神殿にて
祭典のち茅の輪くぐり神事
無病息災「ささ湯」滋養強壮「冷やし甘酒」のふるまいあり
 
授与所にて人形車形を頒布しております
半年間の罪や穢れを人形になすりつけ祓いましょう

★ つれづれに一句

  まだ青き 匂ひの茅の輪 構へけり    yamahiko
    ・まだあおき においのちのわ かまえけり




posted by やまひこ at 03:34| 歳時記

2018年07月18日

「英彦山 花ごよみ」、7月はコオニユリ

7月18日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7170002.JPG

西日本新聞・昨日の朝刊より

「英彦山 花ごよみ」7月の花は、コオニユリです。
鮮やかな花色に蝶々とのコラボ、素敵な一枚になっていますね。

そう云えば、この花にはいつも蝶々が舞っているような・・。
私も一枚パチリとしていたことを思い出した。


2016_0706_125741-P1640844[1].jpg

よほど、蜜が甘いんだろうな。

★ つれづれに一句

  翻る 風の軽さや 夏の蝶   yamahiko
    ・ひるがえる かぜのかるさや なつのちょう





posted by やまひこ at 00:00| 植物・夏