2017年06月24日

南岳コースへ

6月24日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6230035.JPG

毎年の事だけども梅雨入りの直後は、意外に晴れが続き少し拍子抜けすることが多いが、
長期予報では、梅雨の晴れ間はもうこれが最後ということで、昨日は南岳コースへ。

このコースでは滅多に登山者に出会う事はなく、静かな山歩きを楽しむことができる。
柱状節理の「材木石」を見ながら、いつもの一休みだ。

P6230005_collage.jpg

P6230037.JPG

途中大南神社へ立ち寄ったりして、コース分岐からの急登にあえぎながらの登りになるが、
ここは木陰が多くそれを抜けてくる風の涼しさに、休憩タイムがつい長くなってしまう。

P6230002_collage.jpg

ツルアリトオシ、キノコ、コナスビ、ニガナ、ミゾホウズキ、などなどを見ながら。

稜線に上がり、鎖場でまたも大休止だ。
ここは展望が良いが昨日は、晴れてはいるが遠くは霞が掛かり、というPMのパターンだったようで
遠望はあきらめました。

P6230046.JPG

「鹿の角」の大岩稜(少し見えづらい!)と、耶馬溪方面です。

この辺りから、咲き残ったヤマツツジが現れる、この花はつくづく岩場が好きなんだな。

P6230060.JPG

P6230043_collage.jpg

最後をガシガシと登り詰め、南岳山頂へ。

P6230076.JPG

本日の、「上宮百景」です。
エゴの白い小花越しに、夏バージョンで。

ここからは、正面コース、バードラインへ下りました。

P6230084.JPG

P6230089_collage.jpg

まだまだ咲いている、行者堂横のオオヤマレンゲ。
咲き始めたばかりのクモキリソウ、サルナシ、エゴの花、ツクシガシワ、マタタビなど。

途中「オオヤマレンゲを見に来たけど場所が分からない〜」と云う人に出会い案内し、下山しながら
宗像からの上宮参拝の夫妻とよもやま話となり、参道を下っていると「資料館はどこでしょう?」と
聞かれたので、花駅2階の山伏資料室まで同行し、ついでに(?)展示品の説明をして・・、と後半は
喋りに喋ったので、その疲れの方が大きくなったけども、好い1日になりました。

お疲れさまでした。

★ つれづれに一句

  山頂を 極めし汗で ありにけり   yamahiko
    ・さんちょうを きわめしあせで ありにけり


本日のおまけ。

P1680973.JPG

中岳上宮で、セキレイ。










posted by やまひこ at 05:19| 山行記録

2017年06月23日

夏炉の火

6月23日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3180003[1].jpg

土日祭日は一般公開している財蔵坊ですが、その時は囲炉裏の火を起こして
それをもてなしとしています。
それだけで見学の皆さんに喜んでもらえるのと、もう一つ建物を護る、という意味もあります。
立ち昇る煙に燻され、建材の保護と害虫などの駆除にもなるからで、夏でもその火を絶やすことは
ありません。
それに使う薪の準備は、いつも心掛けている。

英彦山の少しだけ昔のこと、暮らしの全般をこの薪に頼っていたころは、軒下に整然と積まれている
薪の量で、その家の暮らしぶりが分かったと云います。

P6220007.JPG

P5050030[1]_collage.jpg

昨日は財蔵坊の裏庭で、薪を切って軒に積むという作業でしたが、慣れない事で
しかも暑かった〜。

お疲れさまでした。

★ つれづれに一句

  絶やしては ならぬ夏炉の 火なりけり    yamahiko
    ・たやしては ならぬなつろの ひなりけり



posted by やまひこ at 00:00| 財蔵坊日記

2017年06月22日

茱萸(グミ)色付く

6月22日(木)

太平洋側では、いきなり大雨になり被害も出ているようで心配されます。
増水、冠水、土砂崩れ・・、こういう言葉が頻繁に聞かれる頃になりました。

昨日の英彦山は午後からどうにか晴れて来たけども、雲が次々に湧いてきてこれも
梅雨時らしい空模様です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6210023.JPG

P6210017.JPG

こんな蒸し暑い日は、やぶ蚊が多くなってくるのが悩みのタネだが、これからは蚊取り線香が
大活躍するし、空撮りもたかって来る虫を追っ払いながらになる。

こんなジメジメの山里に、今年もグミが真っ赤に色付き始めている。
グミって、分かりますか?

P6210045.JPG

P6210044.JPG

甘いような酸っぱいような、渋いような、食べているうちに口の中がザラザラしてきたけども
子供の頃はこれがなる頃が楽しみだった。
今の子供は、見向きもしないんだろうな。

P6210043.JPG

まだ完全に熟していないようで、一つ食べてみたけど渋かった。
見るだけ、にした方が好いみたいです。

★ つれづれに一句

  思ひ出は 蘇るもの 茱萸熟るる   yamahiko
    ・おもいでは よみがえるもの ぐみうるる



posted by やまひこ at 00:00| 植物・夏