2014年03月31日

山風に揺れて

3月31日(月)

春の野草たちが次々に、咲き始めています。

これらを見つける事も、この時期の山歩きの楽しみであり
毎年の事で場所も覚えている。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2014_0319_121342-P1010876.JPG

2014_0319_121417-P1010880.JPG

アマナ


2014_0327_151140-P1020066.JPG

サバノオ


2014_0328_105758-P1360888.JPG

ツクシショウジョウバカマ

これらの植物は早春に葉を伸ばし、それから花が咲く。

葉は夏頃まで残るが、周囲の草丈が高くなると埋もれてしまう。
ちょっと洒落て、「スプリング・エフェメラル」という部類に入り
「春の妖精」などとも云われる。

セリバオウレン、ミスミソウ、フクジュソウ、カタクリ、イチリンソウ
など・・、春の野山を飾る花たちに相応しい愛称だ。

日毎に暖かくなる山風に、小さく揺れている。


★ つれづれに一句

  春草の 風にそよげる ほどの丈    yamahiko
・はるくさの かぜにそよげる ほどのたけ


〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜

※ 観光のご案内は
・添田町役場HP
  http://www.town.soeda.fukuoka.jp/
・添田町観光ナビ
  http://www.soeda-kankou.com/
・soedaプレス
   http://www.soeda-kankou.com/press/press.html





posted by やまひこ at 05:00| 植物・春

2014年03月30日

朝日カルチャーセンターの皆さんをご案内

3月30日(日) 雨

このところ、サクラの開花情報専門ブログのようになっていますが、
今が旬の話題と言う事で、しばらくお付き合いください。

昨日9時過ぎに撮った、守静坊の枝垂れ桜の開花状況です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

no-title

2014_0329_085623-P1370038.JPG

2014_0329_085832-P1370042.JPG

2014_0328_134719-P1370031.JPG

今にも雨が降りそうな空模様ですが、紛れる事はない初花の
色です。

まだまだ蕾が多いとはいえ、今年はアッと言う間に見頃になり
週明けには、満開になるでしょう。

立てられている、説明文もお読みください。
英彦山は桜1本にも、歴史があり物語があるものです。


2014_0329_111153-P1020126.JPG

朝日カルチャ−センターの皆さんが、財蔵坊の見学でした。
約1時間の予定でしたが、せっかくなので守静坊の桜までご案内
することに。


2014_0329_115320-P1020139.JPG

丁度雨が降りはじめ、傘をさしての行動になりましたが、
予定には入っていなかったサクラ観賞で、皆さんに喜ばれ
ご案内して良かった。

新聞社の取材もあり、あれやこれやバタバタとしてすべてが
終わった頃雨が本降りに。

そして今日。
雨の日曜日になりそうですが、皆様も良い週末をお過ごしください。


★ つれづれに一句

  咲き初めて 穢れなき色 里桜     yamahiko
・さきそめて けがれなきいろ さとざくら












  

posted by やまひこ at 05:00| ガイド

2014年03月29日

双戸窟のゲンカイツツジ

       3月29日(土)  

岩場を好んで咲く、ゲンカイツツジ。
この時期になると、もうそろそろかなと思い毎年
通う場所があります。

というわけで昨日は、山歩きでした。
今回は山頂は目指さないで、梵字岩を見晴らす峠までと言う事で
気楽なものでした。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2014_0328_101317-P1020074.JPG

2014_0328_120554-P1360972.JPG

2014_0328_115459-P1360961.JPG

既に前を行く登山者もいて、それでもゆっくり行くことに
しよう。

フッキ草の緑が鮮やかな林を見やりながら、それにしても
これ以上はない、というほどの好天でしたね。

2014_0328_104942-P1360875.JPG

2014_0328_105908-P1360890.JPG   2014_0328_103724-P1020086.JPG

ツクシショウジョウバカマ、ホソバナコバイモがひっそりと
咲いている。


2014_0328_112803-P1360915.JPG

2014_0328_112605-P1360908.JPG

お目当てにしていた峠のゲンカイツツジは、まだ蕾が固く
あと4・5日かかるかな、という感じでした。

景色だけ、楽しむ事にしよう。

ここからは梵字岩を望むことが出来るが、手前の杉が年々
大きくなり、このままではそれに隠されてしまいそう。

正面コースの稜線を見上げると、青空。

さてゲンカイツツジを何とか見たいもので、双戸窟の方へ
下る事にしよう。

やはり、咲いていました。

2014_0328_123110-P1370003.JPG


2014_0328_123056-P1370001.JPG

no-title

2014_0328_122626-P1360992.JPG

岩場を覗き込むと、ピンクの濃い色。
今が丁度盛りで日差しに映えて、おまけにタムシバも咲いて
白く目立っていました。

2014_0328_124101-P1370005.JPG

双戸窟にも立ち寄る、木立の中で何回見てもチョット
不気味ですね。

そのまま下山して、守静坊の枝垂れ桜まで行くことにしよう。
昨日の、開花状況です。

2014_0328_134653-P1370030.JPG

2014_0328_134413-P1370024.JPG

2014_0328_134332-P1370023.JPG

お見事!
もう見頃と言っても、良いでしょう。

怒涛のように、咲き競う春です。

★ つれづれに一句

  咲き競ひ 春の主役の 移りゆく    yamahiko
・さききそい はるのしゅやくの うつりゆく




posted by やまひこ at 05:00| 植物・春