2015年05月31日

ミヤマキリシマの、鶴見岳周回コース

5月31日(日)

ミヤマキリシマの、シーズン。
となると九重へとなるのですがまだまだ咲き始め、ならば鶴見岳(1375M)は
ちょうど見頃のはず、と云う訳で登って来ました。

この時期に登るのは初めてで、前回は積雪の中を塚原温泉側から内山を経て縦走、
他は霧氷の季節ともっぱら冬ばかりだったので、新鮮な気分でした。

今回は比較的登山者も少ない猪ノ瀬戸登山口から入り、グルリと周回するコースを
とりました。

コースタイム:猪ノ瀬戸登山口・西登山口(7:35)〜船底新道出会い(8:25)
〜内山分岐(9:32)〜鞍ケ戸(10:28)〜馬の背(11:02)〜山頂
(11:26)〜大休止〜下山開始(12:10)〜〜西の窪(12:46)〜
下山終了(13:36)

・写真をクリックすると、拡大されます。

2015_0529_074639-P1060464.JPG   2015_0529_093258-P1530347.JPG

2015_0529_093447-P1530350.JPG

英彦山から約2時間半で登山口駐車場に到着、既に車が1台停まっていて
準備中だった。天気も良く気持ち良く出発する。
歩き始めて間もなく砂防ダムが現れ、その横から山道へと登って行く。

枯れ沢を渡ったあたりから、自然林となりジグザグに登り汗をかき始めたなと
思う頃船底新道に出る。
ここからストレートに山頂へ行くことも出来るが、左に道をとり船底方面を
目指すことにする。これがしばらくはゴロゴロ道で歩きづらかった。
花後のヤマシャクヤク、トリカブトの群生を見ながら進むと、やがて穏やかになり、
内山方面からの道と合流する。

さてここからが登りの本番で、一歩一歩高度をかせいでゆくが、途中別府湾と
高崎山方面が広がる景色に、風も心地よい。
ロープも取り付けられ、それがないとズルズル滑りそうな所もあり、特に下りには
有難いだろう。

2015_0529_100037-P1060477.JPG

急に視野が広がり花の台へ到着、これからは稜線歩きを楽しもう。
この辺りからミヤマキリシマが現れ始めるが、少しピークを過ぎているのも
多かった。

2015_0529_100555-P1530351.JPG

2015_0529_124036-P1530406.JPG

2015_0529_132545-P1060507.JPG   2015_0529_102448-P1060479.JPG

2015_0529_101927-P1530356.JPG

灌木の林へ入ったり、小さな花達に屈みこんだりしているうちに
鞍ケ戸(1344M)へ到着。
由布岳が目の前で、北東側の崩壊谷があらわになっていますね。

これから痩せ尾根のアップダウンを繰り返すことになるが、固定ロープの
連続でアルミ梯子も登場して、変化に富み面白い稜線歩きでした。

2015_0529_112010-P1530368.JPG

2015_0529_110226-P1530361.JPG

振り返ると今通って来た鞍ケ戸、馬の背の分岐点を過ぎるともう山頂も
近い、遠くから人声が賑やかに聞こえてくる。
ロープ―ウエイから降り立った、観光客だろう。

2015_0529_112646-P1530370.JPG

鶴見岳山頂(1375M)に、到着。
辺りはテレビ局の中継基地などの電波塔があり、賑わう人声と云いちょっと
日常に引き戻されたような感じになってしまった。

目当てのミヤマキリシマですが、この辺りは見頃ではあったがもう盛りを過ぎて
いる株も幾つかありましたね。
どうやら今年の花達は、咲き急ぐ傾向にある様です。

山頂からの、景色です。

2015_0529_112727-P1530372.JPG

別府湾と、国東半島が霞んでいます。

2015_0529_113718-P1530384.JPG

ミヤマキリシマ越しに、由布岳。

2015_0529_114925-P1530393.JPG

ミヤマキリシマ越しに、手前に城ケ岳と雨乞岳、奥に九重の山脈。

2015_0529_113901-P1530385.JPG

2015_0529_121041-P1060500.JPG   2015_0529_115902-P1530400.JPG

2015_0529_114040-P1530390.JPG

充分花を楽しみ、下山開始。

2015_0529_124638-P1060503.JPG

馬の背分岐まで戻り、西の窪経由で一気に下り下山完了しました。
お疲れ様でした。

★ つれづれに一句

  今生の 色を重ねて 躑躅かな    yamahiko
     ・こんじょうの いろをかさねて つつじかな



posted by やまひこ at 05:00| 山行記録

2015年05月30日

野峠を下ると

5月30日(土)

長期予報を見てもいよいよ梅雨入りが、近いことを思わせるような
雲行きが続きそうです。
今の内に山へ登ろう〜!、と云う訳で鶴見岳へ行って来ました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2015_0529_114009-P1530389.JPG

こういう時は野峠から下り耶馬渓へ抜けるのですが、その途中槻木地区は
英彦山を源流とする山国川沿いにある小さな集落です。
ミヤマキリシマが咲く頃には、ちょうどこの地区でも田植えの時期で今年も
静かに早苗の田んぼが広がっていました。

2014_0613_120921-P1400545[1].jpg

2015_0529_152518-P1530417.JPG

2015_0529_152752-P1530422.JPG

2015_0529_152930-P1530425.JPG

山間の小さな集落の、受け継がれてきた今も変わらぬ暮らしぶりを
見るような植田の風景です。

★ つれづれに一句

  山峡の 暮らしを守りし 植田かな    yamahiko
      ・やまかいの くらしをもりし うえたかな

山行レポートは、只今編集中です〜。

そして今日は山開き前夜祭、頑張りますよ。
詳しくは、こちらからどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/hikoyuzu2012




posted by やまひこ at 05:00| 歳時記

2015年05月29日

突然の夕焼けに

5月29日(金)

久し振りの、夕景です。

昨日は1日中曇っていて、夕焼けは当てにはしていなかったのですが
日没寸前に突然雲の間から太陽が覗き始めた。
この時間帯はもうすっかりリラックスしているのですが、ガバッとカメラを掴み
いつものスポットへ猛ダッシュしました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2015_0528_190514-P1530325.JPG

2015_0528_190533-P1530326.JPG

刻々と変化する空、いい時間ですね。

★ つれづれに一句

  息呑みて 待つ夕焼けの 次の色     yamahiko
      ・いきのみて まつゆうやけの つぎのいろ

2015_0528_190717-P1530331.JPG

2015_0528_191855-P1530336.JPG

ドラマチックな、1日の終わりです。

★ つれづれに一句

  明日の晴れ 約す夕焼け 濃かりけり    yamahiko
      ・あすのはれ やくすゆうやけ こかりけり


週末の天気・・・、あまり良くないみたいですね。
英彦山の山開きですが、こればかりはどうしようもない・・・。
posted by やまひこ at 05:00| 今日の空