2015年11月30日

清掃登山へ

 11月30日(月)

昨日の清掃登山、山頂近くにはまだ雪が残っていて、その中のゴミ
拾いというのはチョット大変でしたが無事に終わりました。
拾うゴミも年毎に少なくなり、登山者のマナー向上がハッキリと見てとれ、
綺麗なお山になっています。

日本の緑の自然保護は「神社の森・鎮守の森」が原点です。
全国各地の「鎮守の森」が長い間神社と氏子たちに、保護育成されてきた
ことに注目すると、英彦山も同じ過程をたどっています。

その昔「山奉行」と云う役職があり、それは山伏の中から選任され
造林、伐採などの決定権があり、厳格に山は守られてきたと云います。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2015_1129_105656-PB290014.JPG

2015_1129_113923-PB290018.JPG

霊山として、手厚く保護されてきた英彦山。
時代と共に国定公園に指定され、鳥獣保護区、野鳥の森、二十一世紀に
残したい日本の自然百選、などの認定を受けその活動は受け継がれている。

山岳会や各種団体の清掃登山、植樹活動などが地道にされていて、昨日の
ささやかな清掃活動は、その一環と云う訳です。

★ つれづれに一句

  寒風を ついて清掃 登山かな   yamahiko
     ・かんぷうを ついてせいそう とざんかな

本日のおまけ。

2015_1129_105531-PB290011.JPG

2015_1129_111330-PB290017.JPG

キノコも見つけた!、カンタケとブナハリタケ。




posted by やまひこ at 00:00| 山行記録

2015年11月29日

気忙しい〜!

11月29日(日)

この季節になると、そろそろ今年最後!ということを感じる行事などが
多くなるもので、どことなくアタフタ感が増えてくる。
と云う訳で今日は今年最後の清掃登山で、山へ登ります。
これも恒例行事のようになり、ちょうど寒さが本格的になる日和と重なり、少し
厳しいものがありますが頑張って来ます。

今日は、もう一つ。
財蔵坊でテレビ番組の収録があり、それはガイドの上原さんにお任せすることに。

朝日放送、「ぶっちゃけ寺」
http://www.tv-asahi.co.jp/bucchakeji/

修験道特集で、英彦山のあれこれを撮影するということになったそうで、放映日が
決まり次第、またお知らせしますね。
何だかんだと、慌ただしい一日になりそうです。

★ つれづれに一句

  短日を 使い切ること 慌ただし     yamahiko
     ・たんじつを つかいきること あわただし

「短日(たんじつ)・日短(ひみじか)」は冬の季語で、この季節になると
しだいに日暮れが速くなり、人の暮らしもそれに追いかけられるようになる。

本日のおまけ。

2015_1121_121616-PB210007.JPG

落ち葉のフリをして、木の実なんです。



posted by やまひこ at 00:00| ガイド

2015年11月28日

初冠雪の中岳上宮へ

11月28日(土)

初冠雪の、英彦山。

それは春のサクラ、秋の紅葉とは比べられない、特別な季節の大きな変わり目を知らせて
くれるものであり、とうとうやって来たか!と思わせるものがあります。

寒いだけの冬だったらどんなにつまらないものか、雪あればこそ霊山英彦山が最も
英彦山らしくなるのです。
と云う訳で何はさておいても山へ登ろう〜、となり正面コースを往復してきました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2015_1127_081932-PB270005.JPG


2015_1127_094158-P1590993.JPG

登り始めの参道には真っ赤な散り紅葉、雪と紅葉とは中々好いとり合わせです。

本当は朝日が射し込み始めている時間なのに、まだまだ暗く霰まで降り始めて、この先
どうなる事やらと思いながらも、初雪を踏む嬉しさに足取りは軽い。
登るほどに雪一色の世界になり、行者堂辺りからはこんな感じ。

間もなく、山頂に到着。

2015_1127_101507-PB270038.JPG

2015_1127_102215-P1600053.JPG

まず南岳の鞍部から見上げると、鉛色の空と雪の中に聳える上宮。
本日の「上宮百景」は、荘厳です。

2015_1127_103239-PB270047.JPG

2015_1127_103243-PB270048.JPG

2015_1127_104133-P1600092.JPG

上宮まで戻り南岳を振り返ったあたりから、急に青空が覗き始めた。
やはり雪景色には、青い空が似合いますね〜!

休憩場の温度計を見たら氷点下2℃、無風なのでさほど寒さは感じないが、手先が悴んでくる。
そんな事は云っていられない、夢中で撮りました。

★ つれづれに一句

  悴んで をれぬ青空 なりしかな   yamahiko
     ・かじかんで おれぬあおぞら なりしかな

「悴む」は、冬の季語なんですよ。

2015_1127_105231-P1600112.JPG

2015_1127_104140-P1600093.JPG

2015_1127_104227-P1600097.JPG

常連さん達も登って来て、取材ヘリが頭上を旋回し(これはRKBテレビだった)、
暫く遊ぶことにして休憩。

初冠雪の英彦山を、充分楽しんだ一日になりました。
お疲れ様でした〜。

★ つれづれに一句

  初雪を 踏み行く 遊び心かな    yamahiko
    ・はつゆきを ふみゆく あそびごころかな








posted by やまひこ at 00:00| 山行記録