2017年02月17日

雪まみれに、北岳コースへ

 2月17日(金)

P1670458.JPG

昨日の続きです。
中岳から北岳へ向かうことにしたが、このコースは積雪期は登山者が少なくなるようで
深い雪に、あまり踏み跡も付いていなかった。
始めにラッセルした人は、大変な思いで歩いたんだろう。

それでも、これが最後の雪の感触だと思えば楽しみながら進んで行こう。

P1670454.JPG

P1670449_collage.jpg

見上げたら青空に、雪の花だ。

P1670471.JPG

この鳥はやや大きめ、さて名前は?
まさか人馴れしている?、こちらに気付いても悠然としていてその姿が好いな。

P1670478.JPG

北岳山頂も雪に埋もれているが、この静けさはいつものことだ。
本日の、「上宮百景」です。

しばらく休憩していたが、誰も通らず誰にも会わずで雪晴れの眩しさを堪能する。

P1670503.JPG

P1670508.JPG

これだけ雪が深いとさすがにいつもより時間がかかり、だんだん暑くなってきた。
予報では3月下旬並みに、気温が上がると云っていたが本当の様だ。

前方に、犬ヶ岳と鷹ノ巣山が見えてきた。

P1670511.JPG

P1670519.JPG

雪まみれなりながら、これまた雪まみれの高住神社に下山完了。
同じ英彦山でも、ここの厳しい冷え込みはまた別格だが、木立から時折降って来る雪に
これも春の兆しなんだろう。

知り合いのブロガーさんにバッタリ出会い、別所までご一緒することに。
四王寺滝へ行ったけど、氷結はもうすっかり解けていたとの事で、そうだろうな・・と思う。

P1670536.JPG

スキー場の、日差しに輝くスロープ。
何もかもが、春めいている一日でした。

★ つれづれに一句

  日差し濃し 春は森より 兆しけり   yamahiko
    ・ひざしこし はるはもりより きざしけり







posted by やまひこ at 00:00| 山行記録

2017年02月16日

春雪輝く、正面コースへ

2月16日(木)

P2150006.JPG

朝は氷点下2℃まで下がった昨日、これは放射冷却で天気は良くなる兆候だ。
予報でも晴れ一色だ、ならば山に登ろう〜!

正面コースを素直に登り、思いっきり雪を楽しむことにしよう。

P2150023.JPG   P2150031.JPG

P2150027.JPG

張り切ってチョット出発時間が早過ぎたようで、歩き初めは日が射しこんでいなかったが、登るほどに
朝日がキラキラになってきた。
静かに雪の中に、鎮座する中宮です。

雪は深いが、すっかりスロープが付いているので歩きやすい。
日が射すにつれ、気温が上がってきたようで時々雪玉が降って来るが、まともにそれを受けても
苦にはならず、面白がりながら登ってゆく。

P2150058.JPG

行者堂を過ぎ、木の鳥居を潜ったらいよいよ白銀の世界だ。

★ つれづれに一句

  青空へ 続くスロープ 春の雪   yamahiko
    ・あおぞらへ つづくすろーぷ はるのゆき


連れ合いのテンションもすっかり上がったようだが、この景色を前にして平静ではいられない。
これから絶景スポットの連続に、撮るは・撮るはで中々足が進まなくなる。


P2150061.JPG

P2150068.JPG


P2150168.JPG

P1670433_collage.jpg

もう今日のこの日しか見られない、輝く雪の造形だ〜!
先週末に降ったった雪の上に、更に昨日の新雪がふわりと積もっているので純白そのものだ。

夢中で撮りながら登りながらをしているうちに暑くなってきた、予報通りに気温がどんどん
上がってきているようだ。

やがて山頂に到着、南岳鞍部へ行こう。
そこから上宮を撮るのが、今日の目的なのだから。

P2150106.JPG

P2150111.JPG

本日の、「上宮百景」です。
すっかり春の日差しですね、しばらくこの景色を見ながら小休止しよう。

★ つれづれに一句

  登り来て 春の息吹に 触るる英彦   yamahiko
    ・のぼりきて はるのいぶきに ふるるひこ


眼をやると、北岳が日差しの中に見えている。

P2150114.JPG

このまま下山するのは、もったいない。
という訳で北岳コースへ行くことに、この続きは明日へ。



posted by やまひこ at 00:00| 山行記録

2017年02月15日

雪掻き

 2月15日(水)

P2140010.JPG

30センチほどの積雪量ともなると、すっかり解けてしまうのには日数がかかるもので、
庭先の雪をさてどうしようか。
こっちの雪をあっちに搔き寄せ、あっちの雪をそっちに積み上げ、などとしていたらどうにも
身動きに困る事になってきた。

昨日はちょっと真剣に、雪掻きに取り組んだ。
雪掻きは運動不足になりがちなこの時期の、ちょうど好い具合の運動代わりになる。
夕方までがんばったら、少しスペースもできてようやく一段落だ。

★ つれづれに一句

  雪掻ひて 山の暮らしの 息づきぬ   yamahiko
     ・ゆきかいて やまのくらしの いきづきぬ

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2140014.JPG   P2140004.JPG

P2140015.JPG

もう夕暮れ近くなっている、雲一つない茜色の空。
こうやって外にいても、以前のような厳しい冷え込みはなくなってきたし好い時間だ。

P1670386.JPG

★ つれづれに一句

  雪掻きの 後の夕空 なりしかな   yamahiko
     ・ゆきかきの あとのゆうぞら なりしかな

本日のおまけ。

P1670365.JPG

一冬過ぎた、カラカラのアジサイ。
越冬アジサイだ。

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜
◎ 積雪・凍結などの道路状況は

・福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/
・ 国道500号、しゃくなげ荘ライブカメラ
http://s-camera.town.soeda.fukuoka.jp/


posted by やまひこ at 00:00| 雪の暮らし