2017年02月08日

セリバオウレンが

2月8日(水)

そろそろかなと思っていたら、セリバオウレンが咲き始めている。

春先に開花し夏まで葉を伸ばし、あとは木陰などの地中で過ごす野の花達を、ちょっと洒落て
スプリング・エフェメラルと呼び、その可憐さから「春の妖精」とも言われます。

イチリンソウ、ニリンソウ、バイモ、ショウジョウバカマ、フクジュソウ・・・、など色々あるが
英彦山ではまずセリバオウレンで、これを見るといよいよ春も近いと思う。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2070013.JPG

P2070016.JPG

★ つれづれに一句

  春草の 咲ひて母なる 台地あり   yamahiko
     ・はるくさの さいてははなる だいちあり


今日は、中岳まで登ります。
冷え込みが厳しいと、霧氷が見られるんだが・・・。
さて、どうだろうか・・・。



posted by やまひこ at 00:00| 植物・春