2017年02月09日

春の雪だ〜!

 2月9日(木)  雪

本日2回目の更新です。

一夜にして、雪景色になった英彦山です。
気温は氷点下1℃、少し重たく湿り気のある、春の雪らしい積もり方です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2090002.JPG

P2090003.JPG

P2090004.JPG

★ つれづれに一句

  春雪の 淡き深さと なりにけり   yamahiko
    ・しゅんせつの あわきふかさと なりにけり

山暮らしには、これくらいの雪は驚きでも何でもない。
予報では今夜から明日にかけて大雪になるそうで、少し身構えています。

それにしても・・・、雪は奇麗だな、春の雪は特別だ。

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜
◎ 積雪・凍結などの道路状況は

・福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/
・ 国道500号、しゃくなげ荘ライブカメラ
http://s-camera.town.soeda.fukuoka.jp/



posted by やまひこ at 09:35| 雪景色

曇り空、中岳まで

 2月9日(木)

先日来の雪もすっかり解けているし、曇り空だしちょっと張り合いがないなぁ・・・、などと
思いながらも、山頂バイオトイレの掃除当番だ。

という訳で昨日は、中岳までバードラインを往復しました。
午後から用事があるので、時短コースです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2080005.JPG

バードラインは、静かだ。
特にこの時期は芽吹き前で、ガレ場の苔の緑もまだ沈んでいるようだが、新緑と紅葉の頃は
登山者も多く、この谷は「紅葉谷」とも云われている。

このコースを我が家から山頂まで往復すると、3時間もかからない。

P1670213.JPG   P1670216.JPG

P2080011.JPG

正面コースに合流するとほとんどの雪はもう解けているが、登るほどに谷筋の山水が凍り
小さな滝の氷結のように遠目にも見える。
思いっきり望遠で撮ってみたけど、上手くはいかないものですね。

左に「下乗」石を見ながら登ると、もう行者堂が近くなってくる。
この辺りの由来には面白く深い話があり、いつか「史跡案内」として書きたいと思いながら、
いつまでもグズグズとなってしまっている。

P1670232.JPG

木の鳥居を潜りもう上宮が見えて来たな・・、という所から振り向くと、油木ダムの湖面が
小さく光り、奥には香春岳と福智山の山容だ。

天気がね・・・。
もしやと期待していた霧氷はなく、そうだろうなぁ・・、まったくの無風で気温は氷点下1℃と
この時期にしては冷え込みが足りない。

中岳休憩所には、下関からというグループが賑やかに食事中だ。

目的のバイオトイレの掃除点検を済ませ、連絡帳に記入。
床の泥汚れは仕方のないことできれいに掃き出すが、他はまったく異常なしだった。
あまり写真は撮らなかったが、最後に遠望を。

P2080030.JPG

遠くにうっすらと由布岳、見えますか?

さて、これからとって返して昼前には帰り着きました。
お疲れさまでした〜。

これを書いている今、外は小雨が降っていますが、これから日曜日にかけて大雪になるとか。
今季最後の積雪かも、皆さんもお気をつけて。
英彦山に来られる方、↓道路情報を張りつけますので参考にしてください。

今日の俳句は休みます。

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜
◎ 積雪・凍結などの道路状況は

・福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/
・ 国道500号、しゃくなげ荘ライブカメラ
http://s-camera.town.soeda.fukuoka.jp/






posted by やまひこ at 00:00| 山行記録