2017年02月14日

春の気配に

2月14日(火)

P2130022.JPG

雪景色もこれが最後かなとも思い、花見ヶ岩へ。
英彦山集落はまだ雪の中だけども、氷点下の朝からも脱し、こうやっている間も雪は解け、
あぁ・・本当に冬は終わるんだなと思う。

雪を楽しみ、雪に遊んでいるがひと昔前の冬の暮らしは、どれだけ過酷だったろうか。
ひと昔というのは、薪と囲炉裏で暖を取り茅葺屋根の暮らしの頃のことです。

今は寒波到来と聞くと、食料や灯油を買い込み備えたりするが、どんなに大雪でも毎朝いつものように
朝刊は届くし、郵便は配達され、ゴミ収集車は来るし、除雪車だって来てくれる。
豪雪地帯のそれとは違って、雪掻きの大変さもタカが知れている。

なんといっても雪あればこその、霊山英彦山の冬なのだからと大いに楽しんだ。
そんな英彦山の冬も終わり、いよいよ本当の春の気配だ。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2130041.JPG

P2130006_collage.jpg

花見ヶ岩は、絶景スポットとして知られるようになってきたのか、次々に登って来る人がいて
この景色を惜しむように写真を撮っているし、別所駐車場には登山者の車がいっぱいだ。
残り少なくなってきた、英彦山の冬を楽しんで欲しいなぁと思う。

そして今日はチョコの日、ではなくてバレンタインデーだ!

P2130005.JPG

山暮らしにもやって来る、バレンタインデー。

★ つれづれに一句

  降りそそぐ 鳥語や バレンタインの日   yamahiko
    ・ふりそそぐ ちょうごや ばれんたいんのひ

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜
◎ 積雪・凍結などの道路状況は

・福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/

・ 国道500号、しゃくなげ荘ライブカメラ
http://s-camera.town.soeda.fukuoka.jp





posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ