2017年02月16日

春雪輝く、正面コースへ

2月16日(木)

P2150006.JPG

朝は氷点下2℃まで下がった昨日、これは放射冷却で天気は良くなる兆候だ。
予報でも晴れ一色だ、ならば山に登ろう〜!

正面コースを素直に登り、思いっきり雪を楽しむことにしよう。

P2150023.JPG   P2150031.JPG

P2150027.JPG

張り切ってチョット出発時間が早過ぎたようで、歩き初めは日が射しこんでいなかったが、登るほどに
朝日がキラキラになってきた。
静かに雪の中に、鎮座する中宮です。

雪は深いが、すっかりスロープが付いているので歩きやすい。
日が射すにつれ、気温が上がってきたようで時々雪玉が降って来るが、まともにそれを受けても
苦にはならず、面白がりながら登ってゆく。

P2150058.JPG

行者堂を過ぎ、木の鳥居を潜ったらいよいよ白銀の世界だ。

★ つれづれに一句

  青空へ 続くスロープ 春の雪   yamahiko
    ・あおぞらへ つづくすろーぷ はるのゆき


連れ合いのテンションもすっかり上がったようだが、この景色を前にして平静ではいられない。
これから絶景スポットの連続に、撮るは・撮るはで中々足が進まなくなる。


P2150061.JPG

P2150068.JPG


P2150168.JPG

P1670433_collage.jpg

もう今日のこの日しか見られない、輝く雪の造形だ〜!
先週末に降ったった雪の上に、更に昨日の新雪がふわりと積もっているので純白そのものだ。

夢中で撮りながら登りながらをしているうちに暑くなってきた、予報通りに気温がどんどん
上がってきているようだ。

やがて山頂に到着、南岳鞍部へ行こう。
そこから上宮を撮るのが、今日の目的なのだから。

P2150106.JPG

P2150111.JPG

本日の、「上宮百景」です。
すっかり春の日差しですね、しばらくこの景色を見ながら小休止しよう。

★ つれづれに一句

  登り来て 春の息吹に 触るる英彦   yamahiko
    ・のぼりきて はるのいぶきに ふるるひこ


眼をやると、北岳が日差しの中に見えている。

P2150114.JPG

このまま下山するのは、もったいない。
という訳で北岳コースへ行くことに、この続きは明日へ。



posted by やまひこ at 00:00| 山行記録