2017年02月24日

霧氷と名残り雪、中岳へ

  2月24日(金) 曇り

P2240018.JPG

本日2回目の更新です。

パラリと降った雪、山はどんなだろうか・・・。
本当は用事があったけど・・・、それは後回しにして中岳まで登ろう〜〜!

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2240037.JPG

P2240005_1_collage.jpg

上宮へ通じる石段は、先日までのガチガチの残り雪は雨ですっかり解けてなくなり
昨夜からの雪に薄く覆われている。
もう下山してくる人たちもいて、どれだけ早くから登っていたんだろうか。
コンニチハ〜、鹿児島県からというお二人だった。

山頂付近は氷点下5℃、霧氷の世界だ。

休憩所では、いーさんとバッタリ暫く山談議に花が咲く。
いーさんは常にあちこちの山を登っているが、今日は英彦山だ。

P2240013.JPG

南岳へ、向かうことにしよう。

P2240023.JPG

P2240031.JPG

本日の、「上宮百景」です。

天気がねぇ・・・。
それでも、これも霊山英彦山らしくて好きなんですよ。
名残り雪と霧氷の、英彦山登山でした〜。

★ つれづれに一句

  霧氷林 英彦の天狗に 逢へそうふな   yamahiko
     ・むひょうりん ひこのてんぐに あえそうな


週末英彦山登山を計画されている方の参考になればと、取り急ぎアップしました。


posted by やまひこ at 14:55| 山行記録

名残り雪の朝

2月24日(金)  曇り

P2240010.JPG

一夜明けたら、名残り雪の英彦山です。
名残り雪・・、この響きが良くてこの季節一回は使いたい言葉です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2240016.JPG

P2240005.JPG

英彦山神宮の「お汐井採り」が近づくと必ず云っていいほど、こうやって寒の戻りが
あるもので、この時期はまだまだ冬と春が行ったり来たりです。

P2240002.JPG

P2240004.JPG

サラリ、フワリと解けてしまいそうな雪の白さです。

★ つれづれに一句

  一夜さに 名残り雪とは なりし英彦   yamahiko
    ・いちやさに なごりゆきとは なりしひこ


posted by やまひこ at 07:56| 雪景色