2017年03月25日

日田市鶴河内の大行事社へ

3月25日(土)

英彦山の高木神社(大行事社)巡り、きょうは日田市鶴河内山田の大行事社です。

〜〜〜平安時代の頃、英彦山の神領である七里四方を守護する為に、設けられたその数四十八社、
それは大行事社と称されており、明治になり高木神社と改められました。
当時は政務も取り仕切るような、地域の中心機関でもあったようです〜〜〜

調べに調べて大体の場所は見当をつけて行ったので、迷うことなくピタリと到着しました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3010022.JPG

英彦山を出て、東峰村、宝珠山を抜け、日田へ向かう県道671号大鶴熊取線を行くと、下り坂になり
そこから右折した集落の中ほどにそれはあった。
山を背景にしてあまりにも景色にとけこみ、目の前に到着していながら一瞬分からずに、畑仕事を
していた村人Aさんに、「大行事社はどこですか〜?」、「あぁ、ほらそこだよ〜」。

鳥居の扁額には、まさに「大行事社」と刻まれている。

P3010024.JPG

P3010026.JPG

本殿は静謐そのもので、周りには田んぼが広がっているが、まだ田起こしも始まっておらず
静かでのどかな風景だ。

P3010023.JPG   P3010030.JPG

先ほどの村人Aさんが、他所からの参拝人が珍しいのか色々話してくれた。

「この神社は英彦山と深い縁があってね、昔は英彦山から山伏さんが来て、家毎に回っては
法螺貝を吹いて、それを頭にかざして(「貝伏せ」のことか?)くれてね・・・」。
おらが村の神社、として自慢げでもあるような口調に、聞いているこちらも嬉しくなる。

その英彦山から参りました、と答えると「よく来てくださった」と大いに喜ばれた。

それにしても、かつては英彦山の神領の津々浦々にまで檀家廻りがされていたことを、
地元の人から聞けたことが何よりの収穫でした。

ところで、県道の分岐点に建っていた石柱が気になりました。

P3010032.JPG

左側の方を懸命に読んでみると、どうやら道標かなと。
東西南北が頭に付いて日田市内の地名が書かれています。

東 三花村大字三和21町12間  西 朝日村大字二串28町33間
南 朝日村大字小迫15町18間  北 大鶴村大字鶴河内1里33町25間4尺
明治23年12月建設

他は読みこなすことはできないが、まさに道の基準となる地点を表しているようで、この一帯が
人や物の往来で賑わっていたことの名残のように思えるのです。

★ つれづれに一句

  読み難き 故事来歴や 春寒し   yamahiko
    ・よみがたき こじらいれきや はるさむし

本日のおまけ。

P1670864.JPG

カワラヒワ、黄色が鮮やかだ。
鳥たちも、賑やかになってくる頃。


posted by やまひこ at 00:00| 史跡ご案内

2017年03月24日

さて、今年の桜は

3月24日(金)

そろそろ世間では、サクラの開花情報が出始めた。
日本列島サクラシーズンの、到来だ。

英彦山のサクラは標高が高いこともあって、開花は街中よりも遅いと分かっているが、さて今年は
どうだろうと、「守静坊の枝垂れ桜」の様子を見に行ってきました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3230005.JPG

P3230001.JPG   P3230003.JPG

当たり前だけどもまだまだ蕾は固く、花の盛りの美しさも華麗さもないが、これから日毎に
そう・・、3月も終わりころになるとピンク色がほぐれ始める。


2016_0402_144453-P4020062[1].jpg

2016_0330_090706-P1620765[1].jpg
                 (昨年の、ブログ記事から転載)

この枝垂れ桜をスタートにして、表参道、油木ダム、添田公園、深倉峡、龍門峡、そして
山中の山桜へと、サクラを追っかける日々が今年も始まるんだろうな。

★ つれづれに一句

  咲くを待つ ことに始まる 花の日々   yamahiko
    ・さくをまつ ことにはじまる はなのひび


P3230010.JPG

P3230008.JPG

サクラの時期だけ、人の通りが多くなる隠れ里への路。
一年分の、落ち葉の掃除中です。






posted by やまひこ at 00:00| 植物・春

2017年03月23日

北岳コースへ

3月23日(木)

P3220024.JPG

予報では朝から晴れ!、その通りになった昨日は山へ。
久しぶりに北岳コースを行こう、別所からスキー場へ向かう途中では、シカの親子連れに何組か
出会いながらノンビリ行こう。

青年の家を通過する辺りの杉木立まで来ると、ちょうど朝日が射しこみ、おぉ・・!好い感じだ。

写真をクリックすると、拡大されます。

北岳.jpg

P1670824.JPG

高住神社登山口から登り始めると、前日降った雨がまだ石段から流れ出ていて、少々歩き難いが
雨上がりの朝の光は快適だ。

登る程に凍り付いている岩も出てきて、オオヤマレンゲ手前の溶岩壁の雫は氷柱になっている!
そういえば、駐車場の気温表示は、0℃だったものな、やはりこちらの山肌は々英彦山でも
その冷え込み方は別格ということだ。

鎖場までは、慎重に行こう。
尾根に上がり切ると、風もなく気温も上がってきたようだ。

北岳山頂から。
P3220051.JPG

由布岳、九重方面。
春霞だな・・最近はPMもあるので、遠望が効かない時が多くなってくる。
雨上がりの朝の空は、もっと大気が澄んでいるものだが、これも季節の空だ。

P3220058.JPG

刈叉山と奥には仲摩殿畑山の稜線が連なり、一帯は英彦山の神々の領域だ。

★ つれづれに一句

  神々の 山を連ねて 春霞   yamahiko
    ・かみがみの やまをつらねて はるがすみ

P3220064.JPG

本日の、「上宮百景」です。
芽吹きにはまだ早いブナ林に、中岳上宮へ向かい一本の道が伸びている。

P3220062.JPG

北岳の神様にご挨拶して、どんどん歩こう。

P3220080.JPG

最後の岩場を登りもう中岳到着という所で、今歩いてきた北岳を振り返る。
休憩所には誰もいない、本日の登山者は我々二名だけなのか〜?、と思っていたら次々に
到着する人たちがいてチョット賑やかに。

今日の目的はトイレ掃除、さっそく取り掛かって・・、というほどもなく異常なし、記帳して終了。

休憩の後、下山はバードラインを行こう。

P1670843.JPG

山頂のマンサクはちょうど満開、黄色のポチポチ。

P3220004.JPG

ホソバナコバイモを、覗き込んで。

P3220017_collage.jpg

キクラゲ、キノコ、フッキソウなど。

お疲れさまでした〜。




posted by やまひこ at 00:00| 山行記録