2017年03月15日

事故は突然に

3月15日(水)

昨日からもう何回もテレビで放映された、英彦山の遭難事故。
女性の単独行で、前日(13日)から英彦山へ入り帰宅しないと云う、家族からの通報とのこと。

捜査本部が置かれた別所駐車所には、早朝から地元消防団・マスコミなど約100人が集結し、捜査に
当たることになりました。
聞けば家人に北西尾根ルートに入ると伝えてあったそうで、そこを重点的に捜索隊が入った。
上空には操作ヘリが旋回する轟音が響く中、私は新聞記者と後発隊として、山に向かう途中に
無事発見の連絡を受けた。
怪我をしながらも自力下山して、捜索隊と合流できたとの事で本当に良かった。
岩場からの滑落で、怪我をしているものの大事にはならなかった。

夜には、まだ氷点下に下がる英彦山です。
その山中で寒さと怪我の痛みに耐えて一晩過ごす苦痛、また現場に駆け付けた家族の心労、そして地元の
並々ならぬ労力を思います。

小学校の遠足でも登れる英彦山ですが、事故は思わぬ時に起こるものです。
初めてのコースに単独では入らない、コースを熟知していない限り登山道から逸れて谷筋などにむやみに
入り込まない、家人には登山コースなどを伝えておく(今回はそれが功を奏した)、そして登山届を出す、
などは最低限の事故予防準備です。

登山届箱は別所駐車場前の、英彦山駐在所の入り口に設置してあります。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2013_0719_060335-P1270426[1].jpg

2013_0719_060252-P1270423[1].jpg  2013_0719_142114-P1270509[1].jpg
                (過去のブログ記事から、転載)

用紙と筆記用具が、備えてあります。
なかなか周知されていない様ですが、安心・安全登山の心掛けとして定着すればと思います。
備えあれば憂いなし、ですからね。
そして、英彦山の登山を楽しんで欲しい。

今日の俳句は休みます。

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜
          行事のお知らせ

◎ 英彦山神宮・御田祭
  ・ 日時 3月15日(水)  午前10時30分より
  ・ 会場 英彦山神宮奉幣殿境内

◎ 豊前坊高住神社春季大祭・柴燈大護摩修法〜〜〜
  ・ 日時 3月20日(祝)
  ・ 会場 豊前坊高住神社境内
  ・ 詳細はこちら http://blog.goo.ne.jp/takasumi-jinja









posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ