2017年03月23日

北岳コースへ

3月23日(木)

P3220024.JPG

予報では朝から晴れ!、その通りになった昨日は山へ。
久しぶりに北岳コースを行こう、別所からスキー場へ向かう途中では、シカの親子連れに何組か
出会いながらノンビリ行こう。

青年の家を通過する辺りの杉木立まで来ると、ちょうど朝日が射しこみ、おぉ・・!好い感じだ。

写真をクリックすると、拡大されます。

北岳.jpg

P1670824.JPG

高住神社登山口から登り始めると、前日降った雨がまだ石段から流れ出ていて、少々歩き難いが
雨上がりの朝の光は快適だ。

登る程に凍り付いている岩も出てきて、オオヤマレンゲ手前の溶岩壁の雫は氷柱になっている!
そういえば、駐車場の気温表示は、0℃だったものな、やはりこちらの山肌は々英彦山でも
その冷え込み方は別格ということだ。

鎖場までは、慎重に行こう。
尾根に上がり切ると、風もなく気温も上がってきたようだ。

北岳山頂から。
P3220051.JPG

由布岳、九重方面。
春霞だな・・最近はPMもあるので、遠望が効かない時が多くなってくる。
雨上がりの朝の空は、もっと大気が澄んでいるものだが、これも季節の空だ。

P3220058.JPG

刈叉山と奥には仲摩殿畑山の稜線が連なり、一帯は英彦山の神々の領域だ。

★ つれづれに一句

  神々の 山を連ねて 春霞   yamahiko
    ・かみがみの やまをつらねて はるがすみ

P3220064.JPG

本日の、「上宮百景」です。
芽吹きにはまだ早いブナ林に、中岳上宮へ向かい一本の道が伸びている。

P3220062.JPG

北岳の神様にご挨拶して、どんどん歩こう。

P3220080.JPG

最後の岩場を登りもう中岳到着という所で、今歩いてきた北岳を振り返る。
休憩所には誰もいない、本日の登山者は我々二名だけなのか〜?、と思っていたら次々に
到着する人たちがいてチョット賑やかに。

今日の目的はトイレ掃除、さっそく取り掛かって・・、というほどもなく異常なし、記帳して終了。

休憩の後、下山はバードラインを行こう。

P1670843.JPG

山頂のマンサクはちょうど満開、黄色のポチポチ。

P3220004.JPG

ホソバナコバイモを、覗き込んで。

P3220017_collage.jpg

キクラゲ、キノコ、フッキソウなど。

お疲れさまでした〜。




posted by やまひこ at 00:00| 山行記録