2017年04月03日

もうすぐ神幸祭

4月3日(月)

この時期を待ちかねたように、あちこちではイベントがめじろ押しのようですね。
それは観光客の集客にも役立ち、大きな意味では地域起こしにも繋がっているとあって、智慧を
凝らしたものや春ならではの参加型ものが多いが、その土地に受け継がれてきた古式ゆかしい神事・
祭りのシーズン到来でもあります。

英彦山神宮の、神幸祭が近づいてきました。
田川地方の先駆けとなる春の祭りで、五穀豊穣、国家安泰を祈願するもので千年の歴史を
重ねている神事です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2014_0413_141844-P10204605B15D[1].jpg

2014_0412_132947-P1020353[1].jpg   2014_0412_141646-P1020405[1].jpg

2015_0412_135609-P1510306[1].jpg   2014_0412_150357-P1370914[1].jpg
                    (過去のブログ記事から転載)

初日の「お下り」は400キロの神輿三基が奉幣殿から、銅鳥居上の御旅所を目指す。
三基の神輿に、英彦山の北岳、中岳、南岳の神様にお乗り戴いて、参道を下り御旅所で
一晩を過ごしていただくわけです。
そして2日目の「お上り」は、奉幣殿まで標高差160mの参道を駆け上がるもので、参拝者の
やんやの拍手喝采の中を神輿到着となります。

英彦山は遠賀川・今川・山国川・筑後川の源流であり、古くから「水分りの山」として
人々の信仰を集めて来た。
農作業が始まるこれからの時期、1年の豊作と安泰を祈り託した英彦山神宮の春の祭りです。

〜〜〜〜〜〜〜 英彦山神宮 御神幸祭 〜〜〜〜〜〜〜
【お下り 】4月8日(土) 午後2時より
【お上り 】4月9日(日) 午後2時より

★ つれづれに一句

  水分りの 山と仰ぎて 春祭り   yamahiko
    ・みくまりの やまとあおぎて はるまつり

本日のおまけ。

P4020019.JPG

P4020044.JPG   P4020015.JPG

昨日は、雹、霰、雪、時雨、そして晴れ・・、と天候激変。





posted by やまひこ at 00:00| イベントのお知らせ