2017年04月07日

野峠口から犬ヶ岳へ

  4月7日(金)

どうも今週後半からの天候があやしくなってきた、今のうちにどこかに出かけよう〜!
というわけで4日は犬ヶ岳(1、131Ⅿ)へ登りました、今回は野峠口から。

この山はシャクナゲや、ミツバツツジの頃が定番のようになっているが、まだ芽吹き前の
この時期も好いだろう。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4040010.JPG

P4040004_collage.jpg

我が家から野峠登山口までは僅かな距離なので、登山靴も掃き身支度をしたままで車に
乗り込むというこの手軽さが好い。
到着してすぐに取り付く、登り始めは露岩が多くこれがこのコースの面白味の一つだ。
2か所の鎖場も難なく通り過ぎたあたりから、大きな景色が広がり始める。

標識の整備が良好で、特にレスキュー番号のプレートには感心させられた。
万が一の遭難事故の場合にはこの番号が捜査隊の手掛かりになり、英彦山にも早く設置されたら
心強いのにな・・、などなどを思いながら登って行く。

P1670900.JPG

振り向いたら鷹ノ巣山と奥には英彦山だ、北岳と中岳へ通じる稜線が見える。

P4040020.JPG

もう少し高度を上げると・・・、この辺りが限界で後は木立や手前の稜線に隠れてしまった。
それにしても、久し振りの雲一つない澄んだ青空だ。

P4040043.JPG

P4040059.JPG

広葉樹の林を抜けると緩やかなアップダウンの繰り返しになり、やがて一ノ岳に到着。
ちょうど求菩提キャンプ場側からコースの点検に来ていた人達と遭遇、シーズン到来の前には
毎年こうやって登っていると云い、ご苦労様です。
暫く山の情報交換も兼ねて小休止。

P4040064.JPG

P4040051_collage.jpg

山頂へ向かうこれから、ブナ林の気持ちの良いこと!
芽吹き前の空は広く、巨木を見上げたり、先日の天候激変の残雪があったり。


P4040081.JPG

経読林道との合流点、ベンチと案内板が新しくなっていてここに到着すると、特に林道から
登って来たら誰もが休みたくなるだろうな。

P4040071.JPG

やがて山頂に到着、少し汗ばんでいたがやはり風は冷たく心地よい。
シャクナゲのシーズンともなると、大いに賑わうのでその前の静かな山行を楽しむことができた。

山頂は視界が効かないので、ちょっと下っての遠望です。

P4040077.JPG

左奥に香春岳が線を引いたように、奥には福智山の稜線がうっすらと。
昼近くともなると、もう空には霞が掛かってくるものですね。

P4040078.JPG

耶馬溪の山々の重なり、小さく耶馬溪ダムの湖面が見えている。

P4040093.JPG

P4040086_collage.jpg

途中から林道へ降りて、ゴロゴロ岩に足を取られながら、山野草を楽しみながらの
下山となりました。
お疲れさまでした〜。


posted by やまひこ at 00:00| 山行記録