2017年09月06日

山茶花(サザンカ)

9月6日(水)

英彦山には折々に季節を告げる花があって、例えば春3月はミツマタ、4月は参道のサクラ、
オオヤマレンゲ、ヒコサンヒメシャラ・・、などが次々に咲き競う。

秋はキンモクセイが香りを放ち、ススキがなびき、それからはいよいよ紅葉のシーズン到来となるが
それにはチョット早いこの頃、坊の庭先などでサザンカが咲き始めている。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9050009.JPG

P9050008.JPG

英彦山のサザンカは原種に近いもので、それ故に華やかさはないがこの山里の静けさに合っているし
樹齢を重ねているので、大きく茂っている。
英彦山にサザンカやツバキが多いのは、その昔、燈明などの油を採るために植えられたとも云われて
おり、大切な暮らしの糧だったのかもしれない。

これから咲き継ぎ、散り継ぎを繰り返す英彦山のサザンカです。

★ つれづれに一句

  降る雨に 咲ひて山茶花 なりしかな   yamahiko
    ・ふるあめに さいてさざんか なりしかな 





posted by やまひこ at 00:51| 植物・秋