2017年09月13日

秋風に・・、種田山頭火

9月13日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9090047.JPG

スキー場のススキはまだまだ早いと知ってはいるが、この時期になると自然に足が向いてしまう。
キャンプ場から伸びる一筋の道に入ると、いつもの静けさでこのまま真っすぐに行くと、スキー場に
出て、更に進むと高住神社です。

秋風が立つ頃この道を歩くと、種田山頭火を想う。
大正から昭和初期にかけて、生きた俳人・種田山頭火(たねださんとうか)。

「すべって ころんで 山がひっそり」と英彦山で詠みその句碑もあり、いつもそれを見ているのだが
しっくりとくるのは、やはりこの時期です。
さて、彼とその句碑について書こうと思ったら、去年の記事があるのでこちらを。
http://hikosan.sblo.jp/archives/20160906-1.html

山頭火というとまず托鉢姿で、漂白、だとか、流浪という言葉が付きまとうもので、その生き方を想う時
なぜか遠くを見やる様な気持ちになり、一過性のブームとかではなく、静かなファンも多いと云う。

P9090041_collage.jpg

それは、酒に溺れ、句を詠みながらの放浪の生活、それでもどこか憎めない彼の天性の人柄、それらに
何となく憧れのようなものを感じるからではないだろうか。
かと云って誰にも看取られずに、草庵で生涯を終えるのはイヤだけども、到底自分には出来ない生きざま
だからこそへの畏怖のようなものかもしれない。

もう随分以前、NHKで彼の生涯が「山頭火 何でこんなに淋しい風ふく」、としてドラマ化された時、
フランキー堺演じる山頭火がピタリとはまり役だったなぁ。

秋風に、山頭火はよく似合う。

★ つれづれに一句

  訪ね来て 句碑の心に 触るる秋    yamahiko
    ・たずねきて くひのこころに ふるるあき



本日のおまけ。

P9090051.JPG

シカの家族・・、かな。




posted by やまひこ at 00:00| ガイド