2017年10月09日

久住山へ

10月9日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA080003.JPG

昨日は天気も良いことだし九重へ、久しぶりに久住山(1、787Ⅿ)に登ろう、ということに。
その周辺の山ばかり登っていて、そういえばこの何年も行っていないし、余裕をもってその往復
だけを楽しんでみるのも好いかもしれない。

満天の星空と月明かりに英彦山を3時30分に出発して、牧ノ戸峠に到着は6時だったが
既に駐車場は満車に近く、これにはビックリだ。
3連休で好天続きとあって、県外ナンバーも多い。

準備をして登り始めるが、沓掛山周辺にはガスが立ち込めているし、今から向かう方行もガスと昇る
朝日で、絶好の景色が広がっている。
前方の星生山がいつもとは違う威容を見せ、青空ばかりが登山日和とは限らない。

PA080008.JPG

P1690842.JPG

扇ヶ鼻も雲間から見え隠れし、振り向けば今通ってきた沓掛山には朝の月だ。
これは面白い、山行になりそう。
予報通り朝の冷え込みはまったくなく、それにしても早朝から登山者の多いこと!

PA080009.JPG

PA080019.JPG

PA080015.JPG

草モミジの夜露が、朝日にキラキラだ。

PA080021.JPG

星生山の、光芒。

PA080024.JPG

PA080041.JPG

振り向けば青空、まるで夏雲みたい。

PA080038.JPG

西千里浜のススキが光の波のようで、奥に久住山が見えてきた。
ゴロゴロの岩場を抜けて久住分かれで一休み、もう下るグループもいて昨夜はテント泊か、法華院
温泉泊まりだったかも知れない。

いつもは御池の方へ灌木に入り込むが、そのままガレ場を登ろう。

PA080070.JPG

PA080055_collage.jpg

リンドウの濃い紫が岩陰にも草むらにも覗いていて、ここは「リンドウ平」と名付けたくなる。

PA080060.JPG

久住分かれと、硫黄山の方を見下ろす。

PA080064_collage.jpg

最後の急騰を登り切ると山頂に到着、だが周囲は雲の中で四方の視界は効かない。

ここからは、遥かに英彦山を望むことが出来るのだが諦めよう、そして汗が冷えてきたようで
少し寒くなったきた、小休止の後下山開始だ。

PA080068.JPG

PA080087_collage.jpg

空池を、見下ろしながら。

続々と登ってくる人たちと、岩場では譲ったり譲られたして、時に渋滞も起こったりしながらの
ゆっくり下山になり、やはり連休の人出だなとつくづく思う。
いつは平日の静かな山行なので、時にはこういう賑やかさも面白いかも。

P1690843.JPG

駐車場は超満車、お疲れさまでした〜。

そして今日は、英彦山に登ります。








posted by やまひこ at 00:00| 山行記録