2017年12月01日

英彦山・11月の花、植物たち

 12月1日(金)

11月に見た英彦山の花、植物の覚書です。

紅葉を追っかけてばかりいたので、つい撮り損なったものもあります。
そして、「これを撮ってもなぁ・・、写真映え(今流行りのインスタ映え?)しないなぁ・・」、
というものはパスしたりしています。

画像は左側から、順番に。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1700480_collage.jpg

アジサイの花後、ガクアジサイの花後、タツナミソウ、ヤブランの実、ヤマルリソウ、シュウメイギク。

PB030024_collage.jpg

ギボウシの実、シュウメイギクの花後、ヤブコウジ、カキの照葉とススキ、ハハコグサの花後、
ホトトギス(坊の庭)。

PB060032_collage.jpg

ツタ、ムカゴ、キッコウハグマ、ハキダメギク、ヌスビトハギの実、ゲンノショウコ。

PB090081_collage.jpg

カタバミ、サザンカ、サラシナショウマの花後、サザンカ、ムサシアブミの実、ナンテン。

PB120057_collage.jpg

ユウゼンギク(坊の庭)、ハナタデ、ウバユリの実、キノコ、サザンカ(坊の庭)、チャ。

PB200003_collage.jpg

ケヤキの実、ノアザミの花後、コナスビ、エイザンスミレ(返り咲き)、ノアザミ、ウメモドキ。

PB230026_collage.jpg

ツルウメモドキ、ゲンノショウコの花後、ヒメジョオン、ホオヅキ、ダイコンソウの花後、カキ。

PB270018_collage.jpg

ヤツデ、マユミ、ニシキギ。

今日から12月に入り、野山は枯れ色が増えるばかりでチョット張り合いがないなぁ、と思ったりも
するが、霜が降り雪で辺りは真っ白になり、それを楽しめるのも山棲みならではの事です。
それらも、日々アップしたいと思っています。

★ つれづれに一句

  恙なく 山に棲まひて 十二月   yamahiko
     ・つつがなく やまにすまいて じゅうにがつ



posted by やまひこ at 00:00| 植物・秋