2018年02月25日

完成近い、伊良原ダムへ

2月25日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2240062.JPG

工事が進んでいた犀川の伊良原ダムがいよいよ完成が近いということで、その様子を
見に行って来ました。
何もかも変わったな・・、というのが感想ですね。

英彦山からここまで来るのはいつも蔵持山に登るときだが、当時は工事関係の車両が行き交い、
砂煙を上げていた。
http://hikosan.sblo.jp/article/177409233.html

P2240061.JPG

上流は帆柱地区、更に登ると柳峠、野峠そして英彦山です。
水源の山脈は深いですね。

水没した集落は高台に移転して、新興住宅地が出現しているし、真新しい施設も
周囲に出来て、新たな営みがもう始まっている。
通りかかった地元の人に聞くと、私の家はちょうどあのあたりだったよ・・、と湖面を
指さして、チョットしみじみする。

★ つれづれに一句

  春澄むや 湖底に今も 村あると   yamahiko
    ・はるすむや こていにいまも むらあると

P2240064.JPG

P1710734.JPG

P1710738.JPG

芽吹きが始まる前で、真っ赤なイイギリの実。

これから英彦山ゆかりの鷹窟と大行事社へと行きましたが、それは明日へ続きます。







posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ

2018年02月24日

春の宵は

2月24日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1710713.JPG

春はいろんなものが降って来る。
大陸の方から黄砂が風に乗って来るし、最近はPM2・5というものもあるし、いよいよスギ花粉も
舞う季節になってきた。

そういう時の夕景はなんとなく、霞んでいるなと思った昨日。
強烈な夕焼けではないが、穏やかな日暮れを眺め時間が過ぎてゆく。

P1710718.JPG

暮れ間際になると、その日輪の荘厳なことにただ見惚れるばかりです。
遠嶺の連なりが、少しづつ薄れてきた。

P1710720.JPG

P1710721.JPG

昼の余韻をまだ残しながら、春の夕べは暮れてゆきます。
一日が随分永くなってきたものだと思う、英彦山のこの頃です。

★ つれづれに一句

  まだけふの 陽を残しつつ 春の宵   yamahiko
    ・まだきょうの ひをのこしつつ はるのよい






posted by やまひこ at 00:00| 今日の空

2018年02月23日

雪間草・セリバオウレン

2月23日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2230031.JPG

ようやく、セリバオウレンが咲き始めた。
いつまでも雪が残っていたので、まだかまだかと待っていたんだよね〜。

P2230019.JPG

P2230026.JPG

嬉しいので屈みこんで、覗き込んで撮りました。


P2230008.JPG

P2230027.JPG

雪間から顔を出し、ヤァ、久し振り〜!
これからは、花撮りが増えるなぁ。

★ つれづれに一句

  忘れゐし 人に逢ふ如 雪間草    yamahiko
    ・わすれいし ひとにあうごと ゆきまぐさ 





posted by やまひこ at 11:22| 植物・春