2018年04月17日

草青む、平尾台へ

4月17日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4160086.JPG

神幸祭も終わったことだし、天気も好いしどこかへ行こうか・・・。
という訳で、平尾台を歩いてきました〜。
広々としたロケーションは、心まで解放されたような気分になりいつもの山歩きとは
違った楽しさですね。

7時に英彦山を出発して、園地駐車場に到着したらもう歩き始めている人や、農作業のエンジン音が
響いており、さぁさぁ準備をしよう。
とにかく歩き通すことが目的なので、水晶山まで行こう。

P4160023.JPG


P4160039.JPG

偽水晶山まで来た、更に水晶山を望むとPMなのか黄砂なのかひどく霞んでいて、これでは
遠望も効かないなぁ。
予定変更して、広谷台を目指してそれから青龍窟へ行ってみよう。

この登りは、麗らかで気持ちが良く苦にはならない。


P4160018.JPG


P4160005_collage.jpg

フデリンドウが道端に花盛りだ、サンキライ、アリドオシ、ミツバチグリ、フジ。
広谷台からは激下りで、青龍窟に到着。

P4160062.JPG


P4160066_collage.jpg


かつての「英彦山六峰」の一座であった、普智山等覚寺の奥の院として山伏の修行場になっていた
歴史を持つ青龍窟です。
洞窟内に住んでいた土蜘蛛を景行天皇が退治したという伝説も秘め、豊玉姫が祀られています。

窟全体が国の天然記念物に指定されており、いつ来ても滴りの音が聞こえるだけで、ここだけ
時間が止まっているかのような静けさです。


P4160073.JPG

P4160057.JPG

P4160022_collage.jpg

P4160081.JPG

センボンヤリ、ヒメハギなどに眼を取られながら。
楽しみにしていたオキナグサの秘密の場所へ・・、見ることはできなかった。
盗掘なのか、気象条件の変化などで消滅したのか・・、分からない。


P4160091.JPG

園地駐車場が見えてきた。
今日もよく歩きました、遊ばせてもらいました。
お疲れさまでした〜。

★ つれづれに一句

  草青む 大地の広さ 楽しめり   yamahiko
    ・くさあおむ だいちのひろさ たのしめり




posted by やまひこ at 00:00| 山行記録