2018年06月30日

蜩(ひぐらし)の声が

6月30日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6290008.JPG

6月も、今日で終わりですね。

雨が降り続きそれが上がった夕方近く、蜩(ひぐらし)の声を聞いた!
蜩は分からなくても夕暮れ近くなどに、カナカナ・・・と涼し気に聞こえて来るアレです。

英彦山ではこれが聞こえて来ると梅雨明けが近いと云われていて、あぁもうじきだなと
安心のようなホッとするような気分になるものです。


P1720874.JPG


P1720884.JPG

★ つれづれに一句

  蜩や 今日を終わりの 空仰ぐ   yamahiko
   ・ひぐらしや きょうをおわりの そらあおぐ




posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ

2018年06月29日

ずっとこれからも

6月29日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6280023.JPG

英彦山には一年を通じて、神事・行事が多い。
それが暦替わりのようにもなって、季節の移り変わりを感じるものでもあり、もうこんな時期に
なったのか・・時が経つのが早いな、などと思ったりもする。

昨日は、集落の市護神社の祭りでした。
心配された天候もその時だけ雨・風がピタリと治まり、それでも梅雨時の神事とあって、どんなに
悪天候でも、これだけは日時の変更は許されないので、無事に終わりホッとしています。
市護神社は英彦山神宮の末社でもあり、ささやかながらも連綿と続いている神事です。

P6280007.JPG

集落の皆で辺りを清め注連縄を掛けるとそこは聖域になり、榊を立て供物をささげた神前で聴く
祝詞は、大きな拝殿のそれとは違った清々しさです。

P6280004_collage.jpg

P6280001.JPG

この日に合わせて手造りで新調した賽銭箱、これは「千本杉」の風倒木を使っており、中々の
出来だと我ながらチョット自慢です。

P6280025.JPG

終わる頃には、夕陽も差し込んできた。

山深い英彦山の里の日常には、伝統の行事がまだまだ遺されているし、それに心を寄せる事で
日々の平安を祈って来たのかもしれない。

★ つれづれに一句

  そのかみの 神域なせる 木下闇   yamahiko
    ・そのかみの しんいきなせる こしたやみ




posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ

2018年06月28日

雲の流れに

6月28日(木)

風の音に寝そびれてしまい、日付が変わったこんな時間にブログを書いているなんてね。

昨日から台風並みの強風が吹き荒れ、それとにわか雨ときたもんだ!
黒い雲がなだれ来るような空も好いもんだと、パチリとしてみました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6270035.JPG

P6270037.JPG

★ つれづれに一句

  雪崩来る 雲の深さも 梅雨最中   yamahiko
    ・なだれくる くものふかさも つゆさなか


梅雨と云えば、アジサイでしょう。

P6270008.JPG

やはり、このブルーが基本ですよね。

P6180005.JPG

これは我が家の、野鳥の餌台付近。

P1720840_collage.jpg

英彦山は今、アジサイが見頃です。

★ つれづれに一句

  紫陽花の 花の盛りの 彩数多   yamahiko
    ・あじさいの はなのさかりの いろあまた




posted by やまひこ at 01:37| 日々のあれこれ