2018年06月07日

遠嶺も紅く、牧ノ戸峠から稲星山、久住山を巡る

6月7日(木)

2回目の九重ミヤマキリシマ山行、牧ノ戸峠から扇ヶ鼻、稲星山、久住山周辺をグルリと歩く予定で
前日の3日に長者原駐車場でいつもの車中泊だ。
この日は山開きだったので、夕方到着した時にはまだその余韻で人も車も多かったが、波が引くように
暗くなる頃には、静かなもので快適安眠の夜を迎えた。
車中泊というのはもう寝るしかない!、と決め込んでいるので早い時間から眠れるものですね。

翌朝に牧ノ戸峠へ移動して5時40分に歩き始めるが、この時間から沢山の登山者だ。
晴天続きもこの日で終わりらしいので、皆考える事は同じなのかもしれない。

・写真をクリックすると、拡大されます。


P6040017.JPG

P6040007_collage.jpg


扇ヶ鼻は文字通り花で埋め尽くされている、まだ蕾もあるがこの感じが一番見頃かな。
その代わりに人も多く、細い道を譲ったり譲られたりしながら周回する。

P6040011.JPG

雲海に沈む、直入町の平野だ。
この日は、雲海日和でもありました。

P6040012.JPG

星生山方面、あぁ・・朝日の当たり具合で・・ミヤマの色がいま一つ出ていないが、ここは
思いっきり濃いピンクを想像してください。

下って稲星山を目指そう。

P6040038.JPG

久住山が見えてきた、と思ったら青空にガスが湧きあがりこれは好い感じだ。
一瞬の出逢いでした。

P6040051_collage.jpg

P6040068.JPG

久住分かれを通過して御池の方へ入り込むが、期待していた水鏡は僅かな風にさざ波が立ち、
写り込みは見られなかった。
池ノ小屋を下り、分岐点から稲星山への登りだ。

P6040073.JPG

さすがにここまで来ると、人も少なくなり静かだ。

P6040072.JPG

振り返ると、中岳。

P6040074.JPG

白日岳と遠くに平治岳が紅い、今頃は混み合っているんだろうな。
白日岳は鳴子山の帰り立ち寄ったことがあるが、もう随分登ってないような気がする。

P6040026_collage.jpg

稲星山の山頂で大休止、夏山のお供は、ピーナッツ最中(これはスタミナ源)と、ミニトマト。
ここに来るまでにサンドとお握りも食べているし、もっぱら行動食が多いが食欲旺盛な事だ。

これから、久住山を目指すことにしよう。

P6040086_collage.jpg

P6040097.JPG

花に見惚れながら、久住山まで一登りだ。
ひっそりとオダマキの澄んだ色も見逃さず、日差しは強いが吹く風が心地好いなぁ。

山頂が近くなってきたら、ここもミヤマの花の波が山肌を覆い尽くしている。
充分に、堪能しました。

九重のミヤマキリシマは、毎年1回の山行で済んだことはなく去年は4回も登ったし、今年は
これで2回目だ、有り難うございました。

P6040098.JPG

P6040108.JPG

グルっと周回してきたコースを見下ろしながら、ゆっくり下山開始しよう。
15時に下山完了、お疲れさまでした。

★ つれづれに一句


   夏山や 遠嶺も紅く 染まりをり   yamahiko
     ・なつやまや とおねもあかく そまりおり








posted by やまひこ at 00:00| 山行記録