2018年07月09日

蜘蛛の糸

7月9日(月)

山の日差しがほんの少し夏めいてくることがあっても、季節は一直線には進まなかったこの頃。
それでも、もうそろそろかなと思わせるような煌めきが見えるようになってきた。

この度の豪雨で英彦山を案じる見舞いの電話や、言葉を戴いた皆さん。
英彦山は大丈夫です。
私共も元気です。
有り難うございました。

さぁ、本格的な夏の幕開けかな?

P1720948.JPG


P1720946.JPG


P1720950.JPG

雨雫を溜めた蜘蛛の巣が、日差しにキラリン。

★ つれづれに一句

  蜘蛛の囲の 雨に溶けゆく 日差しかな   yamahiko
    ・くものいの あめにとけゆく ひざしかな

「蜘蛛の囲」とは糸を張り巡らした蜘蛛の巣のことで、夏の季語です。





posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ