2017年03月05日

残雪の南岳コースへ

3月5日(日)

P3040052.JPG

朝から天気も好いし、さてどうしよう、山に登ろう〜。
昨日は久しぶりに南岳コースを登りましたが、山頂付近は残雪が!、そういえば2日には
雪が降ったので、まだそれが残っていたんですね。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3040018_collage.jpg

出発した朝はまだそれなりの冷え込みで、それでも春の陽気を存分に感じながらの山歩きは
気持ちもラクチンで、しばらく前の雪山とはこうも違うものだろうか。
鬼杉分岐の手前辺りには、思いっきり鹿にかじられた木があり、この付近は鹿のテリトリーになって
いて、自由自在に動き回っているんだろうな。

P3040027.JPG

P3040028.JPG

材木石まで登ると、グンと日差しも明るくなってきたが、まだまだ木立は冬の様相だ。
それでも鳥たちの囀りは甲高くなり始めていて、敏感に季節の進みを敏感に感じ取って
いるのだろう。

ここの登りは岩がゴロゴロ、ゴツゴツだが寒明けの頃は浮石が多いので用心しよう。

やがて稜線歩きが始まり、鎖場に到着。
ここからの遠望が楽しみだが、さて・・・。

P3040033.JPG

岳滅鬼山方面の稜線、薄く残雪があるようだ。

P3040037.JPG

手前に「鹿の角」の岩稜越しに九重方面、と思ったけど今日は霞んでいる。
天気は良く青空だけども、遠望は効かないというのも春ならではです。

P3040040.JPG

障子ヶ岳と、奥には峰入り古道が連なっている。
吹く風も気持ちよく、しばらくここで小休止をしよう。

P3040042.JPG

最後の、鎖を登る。

P3040048.JPG

本日の、「上宮百景」です。
登山道にはまだ雪が残っているとはいえ、すっかり春の陽光です。

P3040055.JPG

振り向けば南岳には白雲が遊ぶ空が広がり、おぉ好い感じだ〜!

P3040058_collage.jpg

中岳休憩所ではサンタさんと出会い、泥汚れの掃除を一緒にしてもらい、おかげで綺麗サッパリ。
この陽気に外でノンビリする人がほとんどで、春山シーズンの到来だ。

残雪をシャリシャリと踏み、青空を楽しんだ登山でした。
お疲れさまでした〜。

★ つれづれに一句

  木の芽風 には光あり 香気あり   yamahiko
    ・このめかぜ にはひかりあり こうきあり



posted by やまひこ at 00:00| 山行記録