2017年04月18日

風と遊び、涌蓋山(1500Ⅿ)へ

 4月18日(火)

もうこんなに、日にちが過ぎてしまった。
涌蓋山山行レポ、登ったばかりの臨場感のあるうちにと思いながら、英彦山のあれこれを
優先して、今日になりました。

4月13日・コースタイム
八丁原登山口(8:45)〜一目山(9:10)〜みそこぶし山(10:20)〜涌蓋山山頂
(11:50)〜ピストン〜下山完了(14:22)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4130014.JPG


P4130019.JPG

どこか広々としたコースはないかと考え、今回の涌蓋山登山は八丁原登山口から登ることに
しました、駐車場にはすでに2台の車があり、すぐに準備をして取り付き。
まずは一目山を目指そう、天気も良いし爽快な登り始めだ。

足慣らしのため、ゆっくり進むが20分ほどでピークに到着。
今から行こうとする、みそこぶし山、奥に涌蓋山の稜線の重なりが眼前に広がっていて、
ずいぶん遥か彼方に見えるが、このコースはさしたる登りもないので草原歩きを楽しもう。

P4130039.JPG

P4130025_collage.jpg

一旦は大きく下り、ゲートを抜けていくとショウジョウバカマが点々とあるが、それにしても
風が強い。
風車が立てられているのだから、この一帯は風の通り道という事だろうな、この時期だからまだ
好いが、これが冬だったら体感気温はどれだけ下がるのだろうか。

P4130043.JPG

ミヤマキリシマの群落地を通り過ぎた辺りからは、牧草地が大きく広がり牛の食み跡が模様を
造っているが、それは映っていませんね。
ノンビリゆっくり歩きながら、この景観を楽しもう。

P4130044.JPG

みそこぶし山が、見えてきた。

P4130052.JPG

みそこぶし山ピークからは、九重連山の雄大な景色と奥には由布岳がチョコンと見えている。

P4130059.JPG

さぁ、いよいよ涌蓋山がまじかになってきた。

しばらく行くと又ゲートがあり、その後は灌木の中を歩き、これからはやっと登山らしい
登り道になり、少し汗ばんできた。

P4130066.JPG

P4130046_collage.jpg

アセビの群落を抜け前峰の「女岳」を過ぎ、ひと頑張りすると涌蓋山・山頂に到着。

P4130074.JPG

P4130076.JPG

山頂からは九重連山の稜線と長者原の一帯が広々と見えていたが、やはりこの時期特有の
春霞が濃く、これも季節の景観ということになりますね。

P4130073.JPG

下山もこの雄大な景色を楽しみながら、風と遊びながら。

★ つれづれに一句

  口笛は 風の友達 春一日   yamahiko
    ・くちぶえは かぜのともだち はるひとひ



posted by やまひこ at 00:00| 山行記録