2017年08月02日

フエリーは快適

    8月2日(水)

この記事は、予約投稿です。

旅先からのブログなので、時系列に関係なく気ままに書いています。

やはり、九州から北海道はつくづく遠いと思う。
22日早朝英彦山を出発し、ひたすら高速道路を走り舞鶴港に到着、日付が変わりそうな時刻に
フェリーに乗船し小樽港到着は翌日23日の22時近くという距離なのです。

それでも長い乗船時間を退屈するかと思っていたら、少しもそれはなかった。
夜はぐっすり眠り、何回も顔を合わせる内に打ち解けて話をするようになったライダー、ただ波を
見ていたり、それにも飽きたら登山地図を確認したり、、気ままに過ごしていたらもう到着だ。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7220001.JPG

乗船時間が迫って来ると、港に続々と集まって来るツーリングのライダーたち。
自慢のバイクは、ピカピカに磨かれている。

P7230015.JPG

蒼い海と空が広がる、少し眠くなってきたような。

P7230022.JPG

日没前の夕焼けは、ちょっとしたイベントだ。
皆デッキに出てきて、写真を撮ったり、遠くをただ見ていたり中々入ろうとはしない。
旅心満載でも、チラと家を思ったりする時間だ。

★ つれづれに一句

  夕焼けや 旅とは家を 想ふもの   yamahiko
    ・ゆうやけや たびとはいえを おもうもの





posted by やまひこ at 10:00| 山行記録