2017年08月28日

深倉峡へ

 8月28日(月)

7月の豪雨以来、行かなくてはと思いながら先延ばしになっていた深倉峡。
豪雨直後から、深倉園地までの道も谷も土砂で埋まり大変なことになっていると、聞いては
いたけど、やはり自分の目で確かめないと。

深倉集落の外れから、「通行止め」の看板が出ているので深倉園地まで歩くことにする。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8270012.JPG

P8270001_collage.jpg

暫くは土砂が流出した形跡はあってもそれが片付けられて、どうにか楽に歩くことが出来たが、
園地まであと1KⅯほどになると、突然流木と土砂が道を塞いでいる。
予想してきたとはいえ、唖然・茫然とはこのことか、とにかく進まなくては。

積み上げられたような流木の山を潜り、どこから流れて来たのかと思うほどの大岩のを
跨ぎながらで、砂防ダムもこうなったらその役目は果たしていないようだ。

P8270024.JPG

やっとの思いで深倉園地に到着、ここの辺りは何の被害もなく静まり返っている。
入口からここまで1時間近くかかってしまったが、一番気がかりだった「姥ケ懐」へ
行ってみよう。

「姥ケ懐」は、英彦山山伏の修行窟であり、毎年秋には祭りがある。

P8270044_collage.jpg

ここも流木と土砂崩れでどこがどこやらわからない、見て回るのが精いっぱいでした。

また来た道を、1時間かけて戻りました。
もうこれで深倉峡へは当分の間近づけないし、近づかない事にします。

P8270036_collage.jpg

P8270025_collage.jpg

ミヤマウズラ、まだ蕾が多かったけども咲いているのを見つけたりしながら。
アキノタムラソウ、ヘクソカズラなど。

お疲れさまでした。








posted by やまひこ at 00:00| 山行記録