2017年09月01日

東峰村の不動岩へ

9月1日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8310024.JPG

今日からもう9月、それにしても天気が良い日が続きますね。

こういう時は広々とした景色を観たくなるもので、東峰村の不動岩へ行ってみよう。
残暑の陽気も少し治まって来たなと思う英彦山です、じっとしているのは勿体ないし、東峰村は
お隣さんだし、もうさほどの暑さでもないだろう。

不動岩は絶好の英彦山遠望スポットだ。
そして何より昔を今に伝える英彦山・山伏の行場なのです。

いつものように集落の手前から入り芝峠へ向かい、それから取り付くが、誰もがこんな所が歩き初めとは
思いもしないだろう。
昼なお暗い林を抜け、倒木が多い杉林に差し掛かると、それからは急登になるが、前回よりも
新しい道標のテープが増えている、今でも人知れず通い続ける人がいるようだ。

登り詰めると小高い岩の上に出る、そこから遥か手前に障子ヶ岳、奥に英彦山が聳えている。
少し寄ってみると、

P8310022.JPG


P8310029.JPG

中腹の表参道付近の集落まで見えて、白い建物が旧英彦山小学校で、ずっと上には英彦山神宮
などなど巡らせる。
つくづく「天空都市・英彦山」だな、あそこに自分も暮らしているんだ・・、と思う。

★ つれづれに一句

  秋高くして 霊山の 紛れなし   yamahiko
    ・あきたかくして れいざんの まぎれなし


P8310033.JPG

P8310040.JPG

祀られた祠には行者さんの「碑伝」が納められ、今でもここは祈りの場である事は変わらないし、
英彦山に向かい法螺貝を吹き鳴らし、経を唱えているのかもしれない。

キリイシ峠を挟み、左に釈迦ヶ岳、右に大日ヶ岳と、峰入りルートの稜線が連なり一帯は山伏の聖地だ。

P8310038.JPG

振り向くと、福智山の山並みと白い直線の香春岳。
秋は大気が澄んでいるので、どこまでも見渡せそうでやはり来て良かった。

下山は、いつものように花を見ながら。
意外な場所で、

P8310010_collage.jpg

シュスラン、小さい!

P8310070_collage.jpg

ミヤマウズラソウ、もう花の終わりのような。

P8310089.JPG

P8310096_collage.jpg

青空に映えるノイバラの実、今が盛りのクズの花、などなど。

お疲れさまでした。



posted by やまひこ at 00:00| 英彦山遠望スポット