2017年09月05日

憧れのマツタケ

9月5日(火)

そろそろキノコのシーズンになってきた、マツタケの初入荷がニュースになったりもする頃です。
この季節になるとよく聞かれるのが、「英彦山にマツタケはあるんですか〜?」という事。

これほど山深い英彦山だから、マツタケはありそうなものでそれにまつわる話は色々聞いている。

婆ちゃんが智室谷でヤマほどのマツタケを採り、それを聞いた近所の人達が探しに行き、踏み散らかした
ので、翌年からパタリと出なくなったらしい。
マツタケ採りは、ソロリと行ってソロリと採らないといけないらしい。

毎年秘密の場所で、採っている人もいるらしい。

このテの話には、「らしい」が付きまとうものですね。

私などは近所の古老から、「ワシが元気なうちに、あんたにだけマツタケの場所を教えてやろう」と
云われていたが、とうとうそのままになってしまった。
あぁ・・、あの時に聞いておけばよかったなぁ。

どうも英彦山にはマツタケはあるようで、その内にヒョッコリと出会うかもしれない。
その時は、このブログで報告します。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2016_0601_115216-P6010073[1].jpg


★ つれづれに一句

  見つけたる 茸の丈の 小さきに   yamahiko
    ・みつけたる きのこのたけの ちいさきに




posted by やまひこ at 07:01| 日々のあれこれ