2017年09月07日

中岳へ

9月7日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9060018.JPG

昨日は中岳バイオトイレの掃除当番、朝まで降り続いた雨の具合はまだはっきりしないが
薄日も差してきたし、とにかく登ろう。

山は晴れの日しか登らない、と決めているがこうやって目的のある時は別物で、それに途中雨に
降られても、中腹に住んでいるので濡れても大したことではない。
久し振りに、北西尾根から登ろう。

P9060009.JPG

バードラインの分岐です。
直進したガレ場も7月の豪雨でどうなっているか気になるが、今日は左への道を行こう。

ここまではどうにか明るかったが、北西尾根に差し掛かると、強風と霧雨、そして蒸し暑さの
まるで三重苦のような登りになる。
蒸し暑いと云っても、強風で立ち止まるとたちまち汗が冷えて寒くなり、暑い!寒い!の
繰り返しだ、それに暗い。
岩場を見上げれば、あの花が見えているが風に揺れっぱなしで、こんな時に撮ってもブレて
しまうんだろうな・・、諦めよう。

P9060024.JPG

どうやら林を抜けるもの近いようで、一安心と思ったらこれからは遮るものがないので、風の中を
一直線に進むことになる。
それでも霧雨は、好い景色を見せてくれるものです。


P9060016.JPG

P9060037_collage.jpg

雨粒のキラキラが奇麗だ。

P9060032.JPG

ここまで来るといつもは上宮が見え始めるが、今日は遠望を諦めて穂が出始めたススキの
道を進む、やがて中岳に到着。

休憩所は誰かが掃除してくれたのか、落ち葉一つない。
トイレの掃除・点検を済ませ、連絡帳に記入して終了。

暗いし・・、じっとしていると寒いし・・、もう帰ろうと思っていたら一人の登山者が。
ブログをいつも見てくれているようで、有り難うございます。

下山は正面コースを、下るにつれて雨も風も治まり、奉幣殿近くになると蝉の声も賑やかになり
この明るさです。

P9060055.JPG

P9060058.JPG

シコクママコナの、小さな群落に差し込む日差し。
山頂付近のあの寒さと暗さから一転・・、山ではよくあることですね。

お疲れさまでした。

★ つれづれに一句

  いつしかに 秋麗満つる 山となり   yamahiko
     ・いつしかに しゅうれいみつる やまとなり




posted by やまひこ at 04:07| 山行記録