2017年09月30日

彦山街道を今に伝えて

9月30日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9250005[1].jpg

英彦山のウスギモクセイが咲く頃になると、毎年思い出すところがある。

天気も好いし行ってみようか・・と、こういう時は話がすぐまとまるものですね。
野峠をグルグルと下り守実を抜ける、九重へ行く時のお馴染みのコースだが今回は津民集落の方へ。

P9290016.JPG

P9290002.JPG

到着したのは中摩殿畑山の麓、彦山街道の途中奥谷集落にある「雪舟庭園」。

ここには樹齢500年と伝わるウスギモクセイがあり、毎年英彦山のそれと同じころに咲き、昨日
行ったときは、パラパラと散り始めていました。
見上げるほどの古木だが、まだまだ勢いがある。

P1690744_collage.jpg

この庭は奥谷の旧家吉峯家所有であり、代々守られてきた。
昭和39年、古庭園研究の第1人者である重森三鈴氏一行が来訪し、常栄寺庭園(山口県)、
亀石坊庭園(英彦山)と共に雪舟作の庭として公表されて以来、世間から認識され始めたという。

集落添いには、かつて英彦山詣りで人が行き交った「彦山街道」とも言われる道があり、津民、
守実、槻木、薬師峠、豊前坊、英彦山と繋がっていると云う。

人の行き来があれば、自然とそれらの痕跡が出来ているもので、今に語り継がれ、引き継がれていて
このウスギモクセイにも、英彦山との繋がりをみるようです。

P9290008.JPG

借景の「鷲岩」が、切り立って見える。

「彦山街道」の名残りを今に伝える、奥谷集落のウスギモクセイです。

★ つれづれに一句

  街道の 昔を今に 秋香る   yamahiko
     ・かいどうの むかしをいまに あきかおる

さて、これからどうしよう・・となり、ふと思い出して久しぶりに九重の岡本豆腐店へ。

P9290022.JPG

P9290017_collage.jpg

店内は昼時の賑わいで、揚げたての大きな熱々油揚げが人気だ。
山間の、この雰囲気が好いな。

P1690765.JPG

帰りは耶馬溪を通り実りを迎えた英彦山遠望スポっトを抜けて、あぁ英彦山が見えてきた。

★ つれづれに一句

  耶馬溪を 抜け英彦山へ 豊の秋   yamahiko
    ・やばけいを ぬけひこさんへ とよのあき





posted by やまひこ at 05:03| 日々のあれこれ