2017年11月25日

英彦山の初冠雪

11月25日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB240099.JPG

時雨だったのがすぐに雪に変わった、昨日の朝。
我が家から見える障子ヶ岳の稜線も白くなっているし、これは英彦山の今季初冠雪に違いない!

という訳で、昨日は中岳まで登りましたが予想通りの雪の世界でした。
先日はパラリと降ったばかりで、今年の雪はどうやら早いようだ。

PB240001.JPG

登り始めのバードラインは、まだうっすらと落ち葉に積もっているほどの雪だが、これは
期待できるな。

PB240009_collage.jpg

正面ルートに合流すると、もう下って来る人もいて思わぬ積雪に驚いたみたいだが
この景色に遭遇できて好かったですね。

山頂休憩所には先客がいて只今昼食の準備中の様子だ、こんな時は湯気の立つラーメンに限る。
気温は氷点下1℃、風もなく意外にしのぎやすく感じるが、それでもじっとしていると、
汗が冷えて寒さが襲ってくるのでとにかく撮影だ。

PB240036.JPG

南岳の登山道が、クッキリ見えている。
鞍部へ降りてみよう。

PB240043.JPG

霧氷のトンネルだ、そして振り向くと。

PB240089.JPG

PB240081.JPG

ガスが晴れるのをじっと待っていると、上宮が現れた。
雪の中の荘厳、天空の社だ。

★ つれづれに一句

  見慣れたる 景新しや 雪一日   yamahiko
    ・みなれたる けいあたらしや ゆきひとひ

霊峰英彦山が最も英彦山らしくなる冬が、いよいよやって来たんだな・・、と思う。
しばらくこの初冠雪の景色を堪能した後、さぁ下山しよう。


追記します。

PB250001.JPG

今朝の西日本新聞、英彦山の初冠雪が掲載されています。






posted by やまひこ at 00:00| 山行記録