2017年12月03日

霜の朝は、山に登ろう〜!

12月3日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC020003.JPG

昨日は今季の最低気温になったようで、氷点下2℃を記録した英彦山です。
こういう朝は霜が降りてチョット面白く、落ち葉・枯れ葉が、アート作品になったようだ。

いくら気温が下がったとはいえまだ12月の初めの事で、日が昇るにつれてたちまち消えてしまい、
だからこそ霜の朝は、家でじっとはしていられない。
こんな日は、山へ登ろう〜!

放射冷却でどんどん気温は上がって来るし、冬日和は登山日和でもあります。

PC020029.JPG

PC020048.JPG

北岳、南岳ばかり登っていたので、このところ正面コースを行くことが多くなり、下宮から
いきなりの急登になる。
この石段、鬼が一夜にして造ったと云われ一段一段はかなり荒く、夏ともなるとここで汗まみれになり
中岳までの先行きを案じて(?)、ここで頓挫して引き返す人もいるという。
ちょっと我慢して登り切ると、展望所がありそれからは楽なものです。

冬の陽ざしが差し込み、少しだけ気温も上がってきたようだ。
登ろう、登ろう〜。

PC020153.JPG

中岳上宮の直下、「胎蔵の坂」が見えてきた。
一直線だった登山道が左右に分かれていて、ここはかつての修験道時代の遺構で、左は胎蔵界、
右は金剛界で、中岳へ登りまた下って来ることは「再生」を意味しているという。
英彦山は何気なく歩いているところにも、史跡ありです。

で、秘かに期待していた霧氷はカケラもなかった!
空気も乾燥しているしこれでは無理だったなぁ、次を楽しみにしよう。

山頂からの遠望。

PC020154.JPG

由布岳。

PC020156.JPG

九重連山。
そろそろ、冬霞の季節になってきたようだ。

★ つれづれに一句

  冬霞 遠嶺も晴れて いるらしく   yamahiko
   ・ふゆがすみ とおねもはれて いるらしく


PC020163.JPG

毎年この時期に清掃登山で、登っている皆さん。
今年もお会いしました、いつも有り難うございます。



posted by やまひこ at 00:00| 山行記録