2017年12月05日

冬の乾き

12月5日(火)

空気が乾燥する、冬。
特に日差しが強い日は、枯れ葉はカサカサと音を立てて舞い上がるし、こんな日は
冬の日の楽しみでもある落ち葉焚きもできなくなる。

冬の乾きは、風邪にも注意しないといけない。
紅葉の賑わいも終わり、年の瀬の気忙しさまでまだ間があるこの時期は、英彦山の里中が
ノンビリムードになり、気が緩むのか「風邪を引いた〜!」と、よく聞く。
寒暖差が大きいし、まだ寒さに慣れていないからかもしれない。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB210003.JPG

アザミの花が終わり、ふわふわと今にも乾いた風に乗って飛び立ちそう。

PB120064.JPG

ウバユリも、パチンと坊主が弾けて種が飛び出す準備完了だ。

こうやってみんな朽ちてゆき、やがて本格的な寒さがやって来る。

★ つれづれに一句

  落ち葉踏む 昨日の音と けふの音   yamahiko
    ・おちばふむ きのうのおとと きょうのおと


などと云っている間に、今日は寒波が到来して雪になりそうだ。
さて、どうなる英彦山!






posted by やまひこ at 00:00| 歳時記