2018年03月10日

輝きの中岳へ

3月10日(土)

今朝の気温はナント氷点下3℃まで下がり、寒の戻りにしては真冬並みの冷え込みで、
こういう時はお約束の、山へ登ろう〜。
今季最後の雪景色、霧氷が楽しめるはずだ!

という訳で、正面コースを往復しました。
余計な説明は不要ですね、一言コメントで参ります。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3100008.JPG

P3100016.JPG

千本杉の谷を覗き込むと、もう霧氷林が出迎えてくれた。
登山道は薄雪ながらも、凍り付いて滑りやすい。

P3100021_collage.jpg

P3100063.JPG

P3100055_collage.jpg

行者堂を過ぎたあたりから、青空と霧氷の世界だ〜!
上宮直下から、今日は北西尾根の方へ行ってみよう。

P3100059.JPG

竣工なったばかりの、伊良原ダムの方を見下ろす。

P3100050.JPG

北岳。

P3100052.JPG

犬ヶ岳。

P3100038.JPG

何をどう見ても画になるし、今日は全くの無風でのどかに暫く遊んでしまった〜。
登山者も多く写真に夢中で、この景色の前ではみんな名カメラマンだな。

本日の、「上宮百景」です。

P3100073.JPG

P3100046.JPG

ひとシーズンで、これだけの条件がそろう事もないだろうと思わせるような今日と云う日。
充分堪能しました。
有り難うございました〜!

一昨日の大雨のせいか、谷筋からはひと際高く水音が響き、これからは雪解けも始まるので
更に春めいてくるのだろう。

★ つれづれに一句

  水音もう 春を奏でて をりにけり   yamahiko
    ・みおともう はるをかなでて おりにけり





posted by やまひこ at 15:49| 山行記録