2018年04月13日

大河辺窟、その周辺を歩く

4月13日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4120039.JPG

山頂を目指さない山歩き、今日は智室川沿いに登ってみよう。
にしても天気が良いですね、障子ヶ岳を遠望していますが、こうやって見ると整然とした
杉林が一つの景観をつくっています。


P4120011.JPG

鬱蒼とした林に入り川沿いに歩き始め、道はずいぶん荒れてしまっているが差し込む日差しの
明るさと、水音に励まされながらの行程です。
昨年の九州北部豪雨の影響も出ているのかも知れない、降り積もった枝や倒木に時々足を取られ
ながら、それでもヒトリシズカなどが見えてきてドンドン進もう。


P4120003.JPG

P4120008.JPG

大河辺窟です。
軒のように大きくせり出した造りになっており、隣にも小さな窟がある。
英彦山の神領内にこのような修行窟が四十九あり、この大河辺窟は第三十一窟です。

その昔はご神体となるものが安置されていたんだろうが、明治の廃仏毀釈で廃棄されたのか
後世に盗掘されたのか、何もなくなっているのが少し侘しい。
山伏達が経を唱え、法螺貝を吹き鳴らしていた当時を偲ぶしかない。

さぁ、歩こう。


P4120023.JPG

滴りだけになっている滝。
冬の、氷結は見物だ。

P4120034.JPG

シイタケもあったよ、もちろん戴きました〜。

P4120026.JPG

途中から山は道連れで、太宰府からというグループと一緒になり、白岳へご案内することに。


P4120030.JPG

P1720197.JPG

白岳山頂はこの時期、山サクラの絶景スポットになりちょうど見頃だ。
皆さんにも、喜んでもらえたようで好かった。


P4120021.JPG

P4120018.JPG

木漏れ日の静けさの中で、ヒトリシズカの群落にも出会えたし。

★ つれづれに一句

  静かさを 一人静と 分かつ森   yamahiko
    ・しずかさを ひとりしずかと わかつもり

こんな花達にも。

P4120058.JPG

ショウジョウバカマ。

P4120066.JPG

ミツバコンロンソウ。

P4120043.JPG

コガネネコノメソウ。

P4120054.JPG

P4120069.JPG

サバノオ。

P4120061.JPG

P4120062.JPG

ハルトラノオ。

P4120074.JPG

P4120076.JPG

シロバナネコノメソウ。

お疲れさまでした〜。







posted by やまひこ at 00:00| 史跡ご案内