2018年05月16日

南岳コースへ

5月16日(水)

これだけ晴れているというのに、どうも梅雨のハシリを思わせる天候に入るらしく、今の内に
山へ登ろう〜、という訳で昨日は南岳コースへ。

最近の朝は夜明と同時に始まる鳥たちの甲高い囀りで、5時にはすっきりと起きているので、いくらでも
早く登山開始ができる。
とはいえ、山の中に朝日が差し込む時間を待ち7時に出発することに。

PMが濃かったので晴れてはいるが空は白い、まぁそれも好しとしなければね。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5150018.JPG

材木石付近では遠くからカッコウの声、この夏の初鳴きだ。
ツツドリやアカショウビンも聞こえてきて、先日はコジュケイも聞いたしこれでホトトギスが加われば
夏鳥のスターたちの揃い踏みだな。

ここの急登は真夏ともなると汗まみれになるが、この時期はまだ吹く風の涼しさに快適だ。

尾根に登り切って、いつもの鎖場のポケットで一休みしよう。

P5150031.JPG

「鹿の角」のそそり立つ岩稜を撮ったつもりが盛り上がるような若葉で、ハッキリとは写って
いませんね、その方向から人声が聞こえてきて、あぁ登山者がいるんだな・・と。

見下ろすとクマタカが大きく旋回している!、が、このカメラでは到底無理だろう。
観られただけでも、ラッキーだ。
野鳥の会に聞いたところ、クマタカは気温が上がる時の上昇気流に乗って大きく舞い上がる、と
その習性を教えてもらった事があるが、大きく翼を広げ悠々とした様は風格があるな。


P1720460.JPG

P1720461.JPG

ドウダンが咲き始めている、ここの岩場では毎年早くその色を見ることが出来るが、日当たりも
好いし、岩が持っている熱がそうさせているのかもしれないな。


P5150038.JPG

上宮が見えてきた。
もうこれ以上はないというほどの、深い緑に鎮まる上宮です。


★ つれづれに一句

  万緑へ 一筋の路 迷ひなく   yamahiko
   ・ばんりょくへ ひとすじのみち まよいなく


ここまで誰にも逢わなかっが、上空には県警のヘリが爆音を立てていて、何事かと心配して
いると、地元田川署からの連隊も登ってきた。
なるほどね、山開きも近づき夏山シーズンを前に、空と陸での遭難者救助訓練だったようです。
お世話にならないように、気をつけないといけないですね。

山路の花たち。

P5150019.JPG

ヒメナベワリ。

P5150024.JPG

ササ。

P5150029.JPG

ギンラン。

P5150033.JPG

ベニドウダン。

P5150045.JPG

P5150046.JPG

サルメンエビネ。

P5150050.JPG

ゴマギ。

お疲れさまでした。





posted by やまひこ at 09:21| 山行記録