2018年09月22日

東峰村、深仙宿は

9月22日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9050012.JPG

英彦山から東峰村へ向かう、長谷峠を過ぎ村の入り口付近に立ち並ぶ行者杉の一角にある「修験の路」の
道標は、そこから始まる英彦山史跡の第一歩だ。

英彦山と東峰村は峠を隔てたお隣さんという位置にあり、昔から英彦山詣での街道としても深い
繋がりで結ばれてきた。
英彦山修験の足跡も多いが、「修験の路」の奥の行者堂周辺はその代表格かも知れない。

P9050020.JPG

P9050016.JPG

行者堂は深仙宿(しんぜんしゅく)と呼ばれ、英彦山山伏の春峰入りの重要な行場で、一週間ほど
滞在して修行を重ねたという。
護摩壇は、1782年(天明2年)に造立され、平成元年解体修復されています。

P9050023_collage.jpg

その裏手から木段を下ると今も霊水が湧く「香水池」があり、峰入り古道が続いている。

何年か前に山岳雑誌「のぼろ」で太宰府まで続くこのコースが紹介された時は、登山者の間でここを
走破することがちょっとしたブームになったこともあった。

P9050002_collage.jpg

この一帯の杉の巨木群は、行者杉(ぎょうじゃすぎ)と云われている。
その由来はかつて修験者たちが春峰入修行の際に、重要な修行場であったこの地に奉納植栽したもので、
修験者にとって天を突く杉は、樹齢が長く魂が宿るとされ信仰の対象でもあったようです。

P9050005_collage.jpg

筑前と豊前の国境を示す「国境の碑」があり、背中合わせに埋められた石碑にはそれぞれ、「従是西筑
前領」・「従是東豊前小倉領」と刻まれている。

旅人の往来が多かったその昔の名残りを、今に伝えているようです。
陶(すえ)の里、東峰村の歴史散策は面白く奥が深い。

★ つれづれに一句

  峰入りの 路は果てなし 秋澄めり   yamahiko
      ・みねいりの みちははてなし あきすめり





posted by やまひこ at 00:59| 史跡ご案内