2018年05月13日

新聞社の取材で

5月13日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5120010_collage.jpg

ガイドの会も早いもので、活動を始めて20年を迎えようとして、新会員も加わり
新しいスタートとなり、これからの事などに思いを巡らせたりするこの頃です。

という訳で昨日は新聞2社の取材を受けることになり、財蔵坊に集合。
全員揃わなかったが、それぞれがインタビューを受けてこの活動への思いを充分語る事が
出来ただろうか。
発足当時から現在までの歳月には勿論楽しいことばかりではなく、そりゃあ〜!色々ありました。

こういう場面は今まで何回も経験しているし、活動の内容やその思いを語るのはいくら時間があっても
足りないような高揚感になるが、そこは抑え気味にしましたよ。

・★ つれづれに一句

  歳月を 語れば長し 夏炉燃ゆ   yamahiko
    ・さいげつを かたればながし なつろもゆ

P5120018.JPG

最後には写真タイム、どんな記事になるんだろう。
宜しくお願いします。

この後はお願いしていたクリンソウの撮影に行くという事なので、全員でご案内。
参道横の群生地と、政所坊庭園もちょうど見頃の咲き具合だ。
クリンソウは花期が長く、今月下旬まで楽しめます。

P5120025_collage.jpg

P5120032.JPG

さて、これもどんな記事になるのだろうか。
楽しみです。


P5120008.JPG

昨日の夕景、雲が少し増えて来たな。
雨の予報が出ているので、それの前触れかな・・、とも思わせる空でした。







posted by やまひこ at 00:00| ガイド

2018年04月27日

裏英彦コースへ

4月27日(金)

雨上がりの好天になった昨日は、登山ガイドで植田さんと裏英彦コースを歩きました。
8時には別所駐車場に集合して豊前坊へ移動、そこから歩き初めて薬師林道側から登ることにしよう。

挨拶を交わしコースの説明などをするが、初対面ではないし毎日ブログを見てくれているようで、
屈託なく話は進み、今日一日宜しくお願いします〜。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4260007 (1).JPG

登山口の杉林を登り切り、尾根に到着する頃には日当たりも良くなり、さぁ歩こうという
気分になるが、朝の気温はまだまだ低い。

P4260010.JPG

P4260005.JPG

木立の間から見る由布岳と手前に仲摩殿畑山のトンガリ、薄く雲海が棚引いている。
雲海だぁ〜!、もっと撮りたかったが今日は「ガイド」で歩いているんだ・・、と我慢・我慢。
安全に何事もなく登山終了、が今日の目標なのだから。

目的の一つ、ヤマシャクはまだ咲いていた、撮影タイムと休憩。

P4260015.JPG

ケルンの谷に到着する頃には、日差しも強くなり暑くなってきたし、いつもここまで来ると
ヤレヤレと云う気分だ。

今回は山頂を目指さずに、このコースを歩き通すことなのでここから後半が始まることになる。

P4260023.JPG

「垂水の壺」を通過。

P4260042.JPG

P4260040_collage.jpg

シャクナゲが盛りだ、やはり自生は色が濃いな。
あまり写真は撮りませんでしたが、ギンリョウソウや、ヤマウツボなども出始めていた。

P4260067.JPG

P4260027.JPG

P4260025_collage.jpg

シイタケもあったよ。

P4260047.JPG

巨岩の重なりや苔で滑りそうな斜面もあったが無事にクリアして、どんどん歩こう。

P4260039.JPG

この谷を一番心配していたが、慎重に進むことにしてここもクリア。

P4260058.JPG

「鹿の角」を背景に。

★ つれづれに一句

  山路ゆく 青葉若葉の 風の中   yamahiko
     ・やまじゆく あおばわかばの かぜのなか


これから奉幣殿を目指してひたすら歩き、予定通りに15時には下山完了。
皆さん、お疲れさまでした。
これからも、英彦山を宜しく。




posted by やまひこ at 00:00| ガイド

2018年03月29日

玉屋谷の探索へ

3月29日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3280040.JPG

ガイドの勉強会も座学は終了して、さぁ現地を歩こう。
訪ねたらきりがない程英彦山にはその歴史を物語るポイントはあるが、玉屋神社周辺の
探索も面白い。

分け入って見上げたら、梵字が刻まれている大岩だったり。

P3280042.JPG

よじ登ってツラツラ見ても、もうこれが限界だ。
こんな峻険な岩場を、山伏達は修行の場としていたのか・・。

P3280032.JPG

谷を登って行くと、かつての坊舎の豪壮な石垣群が出てくる。
ここは「玉屋谷」と云い、この一帯から英彦山の歴史は始まったと伝わり、確かに山伏の
暮らしがあった、その名残を見ることが出来ます。

P3280017_collage.jpg

P3280031.JPG

P3280027.JPG

坊跡が今では杉林になりそこに差し掛かると、ミツマタの大群生地が突然広がる。
人知れずこれだけのミツマタの花が咲いている景色は、ある意味では荒涼とも見えて、この谷の
盛衰を思わずにはいられない。

★ つれづれに一句

  霊山の 栄枯盛衰 春憂ひ   yamahiko
     ・れいざんの えいこせいすい はるうれい

知り合いの山岳会メンバーとバッタリ出会う、最近はこの時期に訪れる人も増えているようだ。

P3280052.JPG

奇岩。

P3280050.JPG

見上げれば、ゲンカイツツジのピンク。
今年は辺り年のようで、周辺の岩にも見えている。

P3280053.JPG

障子ヶ岳を、正面に見る。

P3280047.JPG

玉屋神社で、ハイ、記念写真ですよ。
半日の玉屋谷探索でした、お疲れ様でした〜。

・7時20分、追記します。

P3290002.JPG

P3290005.JPG

P3290008.JPG

今朝のテレビニュースで、参道のミツマタの花が放映されましたね。
満開ラッシュだ!、有り難うございました。









posted by やまひこ at 00:00| ガイド