2017年09月09日

コース下見へ

9月9日(土)

10月に予定されている、ある山岳会の英彦山史跡巡り。
そのガイドを頼まれているので、担当者とコースの下見をしました。

何回も英彦山には登っているが、いつも何気なく通り過ぎていて、こんなに歴史深い山だとは
知らなかったと、感慨しきりでした。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9080001_collage.jpg

表参道付近を中心にしたいという希望通り、銅鳥居から始めて、宿坊跡、古庭園、石垣の家並、
句碑、歌碑、資料館、奉幣殿、と説明しながら歩くと、ちょうど頃合いの時間になっていた。

予定している時間と照らし合わせても、これで充分とも思える内容だが、山岳会の史跡巡りなので、
少しワイルドなポイントもご案内。

P9080018.JPG

チョット入り込んで、「五窟」へ行こう。

P1690550_collage.jpg

P9080009.JPG

山伏の行場「五窟」一帯は、秘密のスポットめいており、当日はここも是非見て欲しい。

★ つれづれに一句

  湧き出る 水の響きも 山の秋   yamahiko
    ・わきいづる みずのひびきも やまのあき


内容はまだまだ検討中ですが、皆さん宜しくお願いします。





posted by やまひこ at 04:49| ガイド

2017年08月22日

思い出すこと

8月22日(火)

ガイドをしていると、後日丁寧な礼状が届いたりすることがある。

先日は去年登山ガイドをした、『サマースクール「ウッドインカルチャー」2016in添田町』を
まとめた本が届き、あれから1年が過ぎたのかと思いながらページを繰っている。

これは林野庁協力事業でもあり、当日の事はこちらから。
http://hikosan.sblo.jp/archives/20160828-1.html

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8210002.JPG

P8210003.JPG

P8210008.JPG   P8210009.JPG

P8210012.JPG   P8210014.JPG

これには後日談があり、参加者のお一人がもう一度山内をゆっくり歩きたいと、東京から
再訪されて、摩崖仏や鬼杉を案内したことのはもう秋も深まる頃だった。
団体行動では説明しきれなかったことなども話しながらの、登山と云うよりも英彦山散策の
1日になり、これにも丁寧な礼状を戴いたことなどが思い出されます。

★ つれづれに一句

  蘇る ものの数多に 夏惜しむ   yamahiko
     ・よみがえる もののあまたに なつおしむ







posted by やまひこ at 05:04| ガイド

2017年08月21日

これからスタートです

8月21日(月)

昨年9月から始まった、観光ガイド2期生の養成講座。
あれから1年の間、添田町や英彦山の歴史を座学で学んだり、実地研修での史跡巡りや
岩石山・英彦山登山などを重ねてきた12名の方々です。
その修了式が昨日行われ、これから新たなスタートとなりました。

平成10年3月から始まった添田町観光ガイドボランティアの活動、当初の自分を重ねると色々な
思いがあり、期待と不安でいっぱいだったような気がする。
そして活動が軌道に乗るまでは、会員の意欲や足並みが揃わず少々難儀したこともあったが、それらは
団体活動にはどこにでもある、通過儀礼のようなものだったと今は思える。

観光ガイドは地域の魅力発信、お宝自慢隊だ。
それは私達にも言えることで、もう一度初心に返り勉強しなければ・・と思う。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8200008.JPG

寺西町長より、終了証の交付。

P8200009.JPG

これからの、活動についての話し合い。
皆さん、宜しくお長い致します。

★ つれづれに一句

  読み難き 故事来歴や 秋灯下   yamahiko
    ・よみがたき こじらいれきや しゅうとうか


本日のおまけ。

P8180074.JPG

初心に返り・・、目覚めの色。





posted by やまひこ at 04:38| ガイド