2017年10月29日

歴史講座へ

10月29日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA270006.JPG

豊前坊の境内もイチョウの黄色が鮮やかになり始め、毎年のことながら11月3日の
護摩焚きの頃が、いよいよピークになりそこいら中が紅葉まみれになる。


PA270001.JPG

PA270003_collage.jpg

まだまだ緑が多い中で、ひときわ目立つ色もありこれからが期待されるが、この土・日の雨で
ひとまずは足踏み状態のようです。

まったく2週続けての台風騒ぎとは・・、今これも雨音を聞きながら書いています。

雨の日は雨の日で、「静」の時間を過ごした昨日でした。
青年の家での、歴史講座に参加しました。

PA280009_collage.jpg

「日本勤労者山岳連盟」の九州大会が昨日から開かれ、その一環として添田町役場の学芸員を講師に
招き、「英彦山の山岳信仰と英彦山の大自然」を演題とする講演会でした。
私は地元ガイドとして、一般参加です。

他にも日本野鳥の会筑豊支部の講演や、勉強会の一日になり、このところ山ばかり登っていたので、
新鮮な時間を持つことができた。
有り難うございました。

★ つれづれに一句

  秋冷に 山の歴史を 繙きぬ   yamahiko
    ・しゅうれいに やまのれきしを ひもときぬ










posted by やまひこ at 00:00| ガイド

2017年10月04日

参道付近を

10月4日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA030012.JPG

昨日は、雨上がりの参道付近をご案内。

大学で教鞭をとっておられて、専攻は社会学。
歴史の陰に埋もれている英彦山出身のある人物の足跡を追い、その為の英彦山探訪ということです。
聞けば聞くほどドラマチックな、波乱に満ちたその生涯。

山伏の子孫にも、こういう生き方をした人物がいたんだ!、と思わせる展開に案内しながら
ドキドキしてしまった。
今は、これ以上は書かないでおきます。

PA030002_collage.jpg

英彦山探訪、お役にたったでしょうか。

★ つれづれに一句

  露けしや 英彦の荒燈 行くほどに    yamahiko
    ・つゆけしや ひこのあらとう ゆくほどに


本日のおまけ。

PA030013.JPG

咲き始めた、シュウメイギク。




posted by やまひこ at 06:04| ガイド

2017年09月27日

現地勉強会へ

 9月27日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9260011.JPG

昨日はガイド養成講座の皆さんの現地勉強会で、そのナビゲーター役を仰せつかり汐井川から
雲母坂、唐ヶ谷を通り、銅鳥居まで探索しました。
本や資料を読み込む事も好いが、それでもとにかく現場に足を運ぶことが大事ですからね。

通い慣れ知っているつもりでも、皆で歩くと新しい発見もあり面白いものです。

P9260019.JPG

資料.jpg

皆さんのガイドデビュー(!)は、いつ頃になるんだろう。
小さな勇気を持って、ポンとその一歩を踏み出して欲しい。

★ つれづれに一句

  露けしや 故事来歴を 紐解けば   yamahiko
    ・つゆけしや こじらいれきを ひもとけば


〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜

P9260002_1.JPG

読売新聞の夕刊(25日付)に掲載された、鷹巣原高原の夕日に映えるススキ。
大きく、一面トップの扱いが嬉しいですね。

取材当日カメラマンと日差しが傾き始めるその時を待った、張り詰めた時間を思い出します。
    http://hikosan.sblo.jp/article/181094783.html


P9240023.JPG

有り難うございました。






posted by やまひこ at 02:00| ガイド