2018年01月13日

四王寺滝へ

1月13日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1130029.JPG

本日2回目の更新です。

四王寺滝、行ってきました。
見事な氷結で、登山者も多かった〜!

天候からすると明日の方が好いかもとも思ったが、明日は冬山トレッキング、それからしばらくは
用事が立て込んでいるので、もう今日しかない、とにかく行くしかない!

P1130008.JPG

P1130013_collage.jpg

参道あたりから滝を目指す人たちばかりのようで、皆この日を待っていたみたい。
寒波の後の土・日曜日、こうなるだろうと予想はしていた。

P1130023.JPG

P1130030.JPG

厳冬期の、四王寺滝の氷結です。
どこも欠けておらず、今季見事な氷瀑になっている。

まだ成長しているみたいで、かすかに雪解け水の音が聞こえているが、それが更に凍り付くか
その重みで一部の氷柱が落ちるかは、その時の巡り合いですね。

これで青空だったらどんなに好いだろうとも思うが、今日のこの時に感謝です。

P1700807.JPG

P1130037.JPG

見上げると、木立に霧氷がビッシリだ。
如何に今回の寒波が強かったかが、よくわかります。

P1130040.JPG

P1130035.JPG

写真を撮る人、ただ見上げる人、こんなに奥深い峪間にこれだけの人達が来るとは。
さて、この見頃はいつまでなんだろうか。
こればかりは、天候次第ですね。

★ つれづれに一句

  源流は 英彦の一滴 滝凍つる   yamahiko
    ・げんりゅうは ひこのいってき たきいつる


福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/



posted by やまひこ at 15:50| 山行記録

2018年01月06日

雪と樹氷の、中岳へ

1月6日(土)

本日2回目の更新です。

昨日麓から見上げた山は積雪で真っ白だったので、これは登らなければ〜!
という訳で山頂まで偵察がてら(?)、行ってきましたよ。

輝く新雪と樹氷の世界でした。
余計な説明は不要ですね、一言コメントで参ります。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1060016.JPG

P1060027.JPG

行者堂を過ぎて北西尾根コースのススキ原も雪の中に、晴れてきた!

P1060035.JPG

中岳上宮下の南岳への分岐点、、足跡がついているが四王寺滝へ行ったのかも。
雲の流れが激しく少しでも青空が覗くと、すかさずパチリ。

P1060031.JPG

P1060033.JPG

晴れていても風が冷たい。
久し振りに、池田さんやnacchiさんに会い、コンニチハ〜。
九重方面の雲が厚かったので、遠望は諦めることにしよう。

★ つれづれに一句

  雪山の 光と影の 景に立つ   yamahiko
    ・ゆきやまの ひかりとかげの けいにたつ

P1060028.JPG

P1060037.JPG

P1060009.JPG

写真を撮らせて戴いた皆さん、有り難うございました。

英彦山・山行計画の参考になればと、取り急ぎアップしました。


・しゃくなげ荘前・国道500号ライブカメラ。
https://www.youtube.com/watch?v=tmir2AbO6-E
・福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/




posted by やまひこ at 15:14| 山行記録

2018年01月02日

ご来光登山、正面コースから中岳へ

1月2日(火)

皆さんは、どのように正月を過ごしていますか?

私は初登山で、昨日の早朝から中岳へ登りました。
予報では朝から晴れてくると云うし、もしかしたら初日の出を望めるかもしれないと云うし、
かといって空を見上げても星も見えない、どうしようかなと散々迷った挙句にやはり登ろう!

新年早々、いったん思いついた事を取りやめにするのは良くない。
一年の計は元旦に有り、と云いますからね。

英彦山は福岡県内では1番早く、7時14分にご来光が見られる。
なのでわざわざ遠方からもご来光登山で登る人が多く、その中腹に住んでいて知らん顔は
出来ない、したくない。

防寒対策をしっかりとして、まだ暗い5時に登り始める。
夜明け前のこの時間が1番冷え込むんだが、例年に比べるとまだましかも。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1010003.JPG

P1010005.JPG

奉幣殿境内は、ちょうど静かな時間だ。

年が変わる時刻に行われる「松柱神事」の頃には参拝者が多く、その後は一区切りして
初詣客で本当に賑わい始めるのは、夜明からになる。

汗をかかないように、ゆっくり登ることにしよう。

中岳山頂は先日来の雪がまだ残り、それが凍り付いて滑りやすい。
もう先客が到着し寒さをこらえ、由布岳の方向を眼を凝らしてじっと日の出を待っている。

P1010008.JPG

P1010015.JPG

北岳の方や上宮前からも、あちらこちらからも人声が盛んにしているので、皆お気に入りの
ポイントでスタンバイしているんだろうな。

そろそろ、空が白み始めてきたようだ。
で、初日の出はと云うと・・・。

P1010024.JPG

分厚い雲に遮られて、撃沈でした〜!

★ つれづれに一句

  垂れ込めし 雲の中なる 初御空   yamahiko
    ・たれこめし くものなかなる はつみそら


それでもMさんや常連さん達と新年の挨拶もできたし、やはり登って良かったな。
どうぞ今年も、英彦山を宜しくお願いします。

下山した後に晴れ始めて、これも山ではよくあるパターンです。







posted by やまひこ at 00:00| 山行記録