2017年06月07日

咲き競うミヤマキリシマの、平治岳へ

6月7日(水)

P6050016.JPG

平治岳のミヤマキリシマが呼んでいる〜、とばかりに4日(日)夕方から出掛け、5日に充分堪能し
それにしても、今年は最高の咲き方だ。
これを見たら、言葉は要らない。

では、出発しますよ。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6050002.JPG

車中泊した長者原登山口で、見事な朝焼け。

P6050004.JPG

P6050010.JPG

坊がつる、テントサイトの朝。

P6050013.JPG

P6050027.JPG

大戸越からいよいよ花の中へ、前峰にはすでに人・人で時々渋滞も。

ミヤマ.jpg

P6050037.JPG

P6050038.JPG

花の濃淡が、雪崩れるように咲き競う。
本峰へ行ってみよう、道を譲ったり譲られたりでここでも中々進めないが、まぁ急ぐことはない。

P6050040.JPG

P6050051.JPG

本峰の先端へ、坊がつるを見下ろす。
今日のこの日に、来られたことに感謝ですね。

★ つれづれに一句

  始めから 花を当てなる 登山かな   yamahiko
   ・はじめから はなをあてなる とざんかな




posted by やまひこ at 00:48| 山行記録

2017年06月02日

オオヤマレンゲは・・、北岳コース

6月2日(金)

P6010003_1.JPG                   (昨日の、西日本新聞朝刊より)

奉幣殿境内の、ヒコサンヒメシャラが見頃になってきた。
まだまだ蕾も多く、これから当分の間楽しめそうです。

ということは・・・、山内の花達が気になり早速登ってみよう。
昨日からの「英彦山・5月の花」は、ちょっとお休みして今現在をレポートします。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6010001.JPG

P6010003_collage.jpg

登山口の豊前坊参道を登っていると、見事な法螺貝の音が聞こえてきたが、朝の空気の中で
聞くと、やはり好いもので他の登山者にも聞かせてやりたい。
英彦山だな・・・、と実感するものです。

本当は蒸し暑いのだろうが、風が涼しく急な登りも苦にはならない。

P6010036.JPG

P6010040.JPG

ミソサザイの美声の中を(これも先日の新聞に載っていましたね)、登り詰めると溶岩壁横の
オオヤマレンゲの茂りがまず目につき、見上げると後何日かで開花しそうな蕾が沢山だ。
ここで小休止するのが、いつもの事のようになっている。

稜線に上がると、すこし山霧が掛かっていて遠望はほとんど効かない。

P6010052.JPG

本日の、「上宮百景」です。

この辺りに来ると風も強く少し暗くなり、遠くから雷音も聞こえてくるような・・。
まぁ、雨に降られても自宅はここの中腹だと思えばどうという事もない。
「上宮百景」、もう一枚。

P6010055.JPG

ますます暗いけど、咲きかけのツルアジサイ越しに上宮を。
6月バージョンですね。

P1680580.JPG

少し盛りを過ぎた、ホオの花。

P1680589_collage.jpg

ブナ林を抜けて中岳山頂へ向かい、下山は北西尾根を行こう。
その前に、行者堂上のオオヤマレンゲの確認です。

P1680595.JPG

P1680592_collage.jpg

もう咲いている〜!
ここは日当たりが良いからなのか、蕾も沢山でこれは期待できますね。

他には、こんな花たち。

P6010078.JPG   P6010104.JPG

P6010095.JPG   P6010099.JPG

ツチアケビ、ツルアジサイ、クモキリソウ、などなど。
お疲れさまでした〜。

この週末に、英彦山登山を計画されている方の参考になればと、急ぎアップしました。
俳句は、お休みします。






posted by やまひこ at 00:00| 山行記録

2017年05月31日

今年のミヤマキリシマは、扇ヶ鼻と星生山へ

5月31日(水)

P5300019.JPG

そろそろ九重のミヤマキリシマが、気になる頃になってきた。

時期が早いとは知りつつも、花の状況の偵察(!)に扇ヶ鼻と星生山に行ってきました。
まだまだ蕾が多かったけど、今年は害虫の被害もなく大いに期待できそうです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1680483.JPG

P5300009.JPG

まずは扇ヶ鼻へ、どこを見てもミヤマの蕾がぎっしりだ。

これは次にくるのが楽しみだ〜、などと思っていたらとにかく虫の大群が飛び交っているので、
手で払いながら休憩したり、撮ったりしなくてはならない。
こういう事もあるだろうと、虫刺されの薬を持ってきているが、小蠅だか正体の分からない虫が特に
山頂付近に多かった。

P5300026.JPG

マイヅル草は、もう満開状態だ。

P5300031.JPG

星生山へ、行ってみよう。

P5300037.JPG

星生山頂へ向かう稜線で。
今の蕾が咲きそろったら、全山どれだけ奇麗になるんだろう。

P5300043.JPG

時折り、硫黄の匂いがするがこれもこの山系らしい。

P5300042.JPG

ミヤマ越しに、久住山を。

P5300065.JPG

P5300006_collage.jpg

イワカガミも今年は良好のようで。
屈みこむと虫が喜んでたかって来るので、取り敢えず撮っただけという写真になってしまった。

P5300061.JPG   P5300084.JPG

P1680558.JPG

平日なのに団体が多く、駐車場はほぼ満車で観光バスが何台か停まっていたし、これから
日毎に増えるんだろうな。

それにしても、山も暑かった。
今期の最高気温を記録した地域も多かったとか、水分補給が大事だ。

★ つれづれに一句

  山路行く 汗に徹して 悔ひなき日   yamahiko
    ・やまじゆく あせにてっして くいなきひ




posted by やまひこ at 00:00| 山行記録