2018年05月31日

霧の中、正面コースへ

5月31日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5300023.JPG

やはり予報通り、朝からドンヨリだな。
それでも今日は、山頂のバイオトイレの掃除当番なので登らないと・・、途中で降られても大した
事にはならないだろうし・・・、オオヤマレンゲのその後も気がかりだし・・。

という訳で、霧深い正面コースを往復することに。
日差しは期待できないなら何時に登っても同じだと、6時前には歩き始めることにしたが、晴天の
青空の下も好いけど山霧が立ち込める山路は、幽玄でこれも英彦山らしくて中々のものだ。

P5300008.JPG

P1720531.JPG

谷間に咲くホオの花が暗い霧の中に白く浮かび上がり、それを何とか撮ろうと頑張ってみたが
私のカメラでは、これが限界ですね。
登る程に益々暗くなってくるが、風がないので歩きやすくこんな日も好いものだ。

P5300041.JPG

行者堂を、通過。
そして参道沿いのオオヤマレンゲは、お祭り状態に咲き始めている!

P1720541.JPG


P1720554.JPG


P5300032.JPG


P1720551_collage.jpg

一気に開き始めた、という感じ。

少し暗い中で花の純白が余計に際立って見えるようです、やはり「山の貴婦人」だ。
北岳コースも、もう咲いているかもしれない。
暫く、上から下から撮影タイムとしよう。

ここで時間を取られ過ぎてしまった、山頂までもう少しだ。

P5300006_collage.jpg

P5300011.JPG

中岳休憩所のバイオトイレ、掃除を済ませ連絡帳に記入して終了。

といとう誰にも逢わなかったが、時間が早かったから・・などとも思うが、その静けさが尚のこと
流れる霧の深さを呼んでいるのかも知れない。

★ つれづれに一句

  夏霧や 英彦の天狗に 逢へそふな   yamahiko
    ・なつぎりや ひこのてんぐに あえそうな 


山路の花たち。

P5300027.JPG

ツクシタツナミソウ。

P5300045.JPG

マルミノヤマゴボウ。

P5300055.JPG

P5300057.JPG

キノコも、見つけたよ。

お疲れさまでした〜。





posted by やまひこ at 00:00| 山行記録

2018年05月26日

オオヤマレンゲは・・、北岳コースへ

5月26日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5250006.JPG

今年はサクラに始まり何もかも開花時期が早めなので、うかうかしていると見落としてしまいそうに
なり、花の追っかけに急かされているがさて、オオヤマレンゲはどうだろうか。
先日は行者堂近くのを確認に行き、今にも咲きそうな沢山の蕾を見たばかりだが、今回は北岳コースを
廻ってみよう。
新聞社に英彦山の初夏の花として取材をお願いしているので、丁度見頃の時期を見逃すわけにはいかず
何回も下見に登らなければね。

8時に豊前坊から登り始める、朝の澄んだ空気の中気持ちが好いなぁ。
ここの境内で聞くアカショウビンの声を期待していたが、今朝はツツドリが鳴いている。
ポッ・・、ポッ・・、ポッ・・、なるほど茶筒を叩いているようだな。

P5250021.JPG

溶岩壁に到着。

P1720505.JPG

目的のオオヤマレンゲ、今にも咲きそうだがまだ蕾でした。
明日の山開きには、咲くかな・・どうだろう・・、と云う感じ。
この近くにもう一本あるので行ってみたらそこもまだまだ蕾、それでも花数は多いみたい。

P1720507.JPG

少しがっかりしながら岩場を見上がると、ベニドウダンが沢山咲いている。

P5250025.JPG

P5250022_collage.jpg

P1720510.JPG

稜線に上がると新緑のブナ林だ、初々しかった緑も少し落ち着き深みが出てきたような。
ホオの花も、高々と咲いている。

★ つれづれに一句

  霊山の 供花と誇るや 朴の花   yamahiko
    ・れいざんの くげとほこるや ほおのはな


P5250037_collage.jpg

中岳に到着、黄砂で遠望は効かなかったが小休止しよう。
などとやっている内に学生の団体も到着、たちまち大賑わいになって来たのでもう下山だ〜!

P1720513.JPG

P1720515_collage.jpg

行者堂近くのオオヤマレンゲ、一輪だけ咲いていた。
蕾が多いのでこれから次々に咲き始めるんだろうな、これで一安心です。

P5250066.JPG

下山はバードラインを、もう奉幣殿が近くなってきた。

山路の花たち。

P1720520.JPG

ツクシヤブウツギ。

P5250046.JPG

ツクシタツナミソウ。

P5250003_collage.jpg

フタリシズカ、ベニドウダン、クサイチゴ。

P5250053.JPG

キノコ。

P5250065.JPG

クルマムグラ。

お疲れさまでした〜。
今日は山開き前夜祭、私は焼き鳥係で皆さんをおもてなしです。

posted by やまひこ at 04:52| 山行記録

2018年05月22日

梅雨近し、正面コースへ

5月22日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5210025.JPG

晴れているな・・、半日しか時間は取れないけど山へ登ろう。
という訳で昨日は最短コースで、正面道からバードラインを歩いてきました。

下宮から見た、馬見山方面の空です。

P5210020.JPG

P5210003_collage.jpg

7時過ぎまだ人気のない奉幣殿境内、ここまで来ると風が吹き荒れていた。
この先もこの強風と付き合いながらの登山になったが、咲き始めているヒコサンヒメシャラと
今にも咲きそうなオオヤマレンゲ、無理やり撮ったので少しブレてしまってますね。

ここで気付いたが、妙に写真が青っぽいなぁ・・、どうしてだろう、まぁそれはともかく出発だ。

P5210031.JPG

風はゴーゴー、日差しはキラキラの中、いきなりの石段の急登だ。

このコースの一番の難所(?)とも云えるかもしれないが、ここを登り切ると後は楽なもので
中津宮、伊勢遥拝所、道端の祠をのぞき込んだりしながらの道草登山だ。

P5210036_collage.jpg

P5210044.JPG

行者堂の上のオオヤマレンゲ、蕾が膨らんで今年は沢山の花が見られそうです。

P5210046.JPG

P5210052.JPG

登る程にガスが濃くなり更に風も強くなり、だんだん寒くなってきた。

山頂に到着。
まだ時間が早いからなのか誰もいないし、暗いし、九重方面の展望も効かないし、小休止したら
こういう時はサクッと下山開始だ。

P5210060.JPG

田川方面を見下ろしながら、香春岳が白く、後ろの福智山にも雲が掛かってますね。
これから梅雨が近くなってくると、こういう空模様が多くなってくるんだろうし、これも
巡る季節です。

山路の花達、強風でブレているのが多かったので、どうにか見られる(?)のだけを。

P1720488.JPG

ドウダンツツジ。

P5210049.JPG

ウラジロノキ。

P5210080.JPG

ミズタビラコ。

★ つれづれに一句

  浮き雲を 遊ばせ梅雨 近きこと   yamahiko
    ・うきぐもを あそばせつゆ ちかきこと





posted by やまひこ at 06:51| 山行記録