2018年09月27日

夜明の志賀神社へ

  9月27日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9260040.JPG

英彦山から阿蘇方面の山行の折などに東峰村を抜けて小国方面へ向かう時に、通るたびに気になっていた
夜明(よあけ)三叉路にある志賀神社。
目的の山がある時などは、途中下車して神社に立ち寄る事は中々できないもので、それならばと昨日この
神社訪問となりました。

JR日田彦山線と久大本線が繋がるポイント「夜明駅」からも近く、三隅川を挟んで北側に国道386
号線、南側に国道210号線が走っていて、久留米と日田を結ぶため車の往来が多い。

P9260030_collage.jpg

P9260031.JPG

ここ夜明の地域を守る村社として、志賀島の志賀海神社から勧請されて祀られた神社です。
海(航海)の守り神をこんなひなびた里に祀ることを不思議とも思えますが、三隈川は筑後川となり、
有明海へと到達します。
その昔の交通や物流を支えたのは川、そして海だったことを考えれば、海の神を祀るのは納得ですね。

で、この神社に興味を持った本当の理由は、この丸っこい石が積まれた石垣なのです。

P9260026.JPG

P9260046.JPG

通るたびにこの石垣が眼を惹き、いつかゆっくり見てみたいと思っていた。

三隈川から運んで来たのだろうか、丸く角が取れた、均等の大きさの石を人々が積み上げていく。
信仰心とはいえ、昔の人は勤勉にそう言う事を当たり前に行っていたし、しかも美しく、 崩れることも
なく平成の世まで守られている事に心打たれる。

人々が河原から石を運んで、今なおそれが遺り・・、と云えば英彦山にもある。
英彦山の麓にひっそりとある、「雲母坂(きららさか)」がそれです。

P9260013.JPG

P9260002_collage.jpg

雲母坂は、英彦山参拝道の「日田道」の一角で、日田から東峰村を通り、貝吹峠を越え、この石畳を
歩き、英彦山へと入ってきた。
参詣の起点となる、重要な場所でもありました。

歩いてみるとよくわかるが、表参道のゴツゴツした感じと違い、丸くてツルツルしている。
参道の石は山から切り出したもの、雲母坂の石は近くの祓い川から運んだものだと云い、江戸時代末期に
英彦山信仰に篤かった佐賀野の有志が施工したと記録にある。

人々は山を越え谷を越え、遥かに英彦山を目指した。
人の思いと手の掛かった、祈りの道「雲母坂」です。

夜明の志賀神社の石垣と英彦山の雲母坂、いにしえの人々が丹精込めて築き、それを
今に伝える足跡でもあります。






posted by やまひこ at 00:00| 史跡ご案内

2018年09月22日

東峰村、深仙宿は

9月22日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9050012.JPG

英彦山から東峰村へ向かう、長谷峠を過ぎ村の入り口付近に立ち並ぶ行者杉の一角にある「修験の路」の
道標は、そこから始まる英彦山史跡の第一歩だ。

英彦山と東峰村は峠を隔てたお隣さんという位置にあり、昔から英彦山詣での街道としても深い
繋がりで結ばれてきた。
英彦山修験の足跡も多いが、「修験の路」の奥の行者堂周辺はその代表格かも知れない。

P9050020.JPG

P9050016.JPG

行者堂は深仙宿(しんぜんしゅく)と呼ばれ、英彦山山伏の春峰入りの重要な行場で、一週間ほど
滞在して修行を重ねたという。
護摩壇は、1782年(天明2年)に造立され、平成元年解体修復されています。

P9050023_collage.jpg

その裏手から木段を下ると今も霊水が湧く「香水池」があり、峰入り古道が続いている。

何年か前に山岳雑誌「のぼろ」で太宰府まで続くこのコースが紹介された時は、登山者の間でここを
走破することがちょっとしたブームになったこともあった。

P9050002_collage.jpg

この一帯の杉の巨木群は、行者杉(ぎょうじゃすぎ)と云われている。
その由来はかつて修験者たちが春峰入修行の際に、重要な修行場であったこの地に奉納植栽したもので、
修験者にとって天を突く杉は、樹齢が長く魂が宿るとされ信仰の対象でもあったようです。

P9050005_collage.jpg

筑前と豊前の国境を示す「国境の碑」があり、背中合わせに埋められた石碑にはそれぞれ、「従是西筑
前領」・「従是東豊前小倉領」と刻まれている。

旅人の往来が多かったその昔の名残りを、今に伝えているようです。
陶(すえ)の里、東峰村の歴史散策は面白く奥が深い。

★ つれづれに一句

  峰入りの 路は果てなし 秋澄めり   yamahiko
      ・みねいりの みちははてなし あきすめり





posted by やまひこ at 00:59| 史跡ご案内

2018年09月14日

五窟へ

9月14日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9020051.JPG

昨日は「英彦山四十九窟」の一つである「五窟」へ、新聞記者の取材で案内しました。

奉幣殿からすぐ近くだが、さっそくちょっとした急登になる。
雨上がりのズルズル状態を大汗になりながらの登りに、やはりまだまだ暑いんだな・・、ここ最近の
雨続きで籠っているので体が鈍ってるようだな・・、などなど考えながら到着。

ここ「五窟」の一帯はかつては大行事社として伽藍も建てられ、山伏の修行場というよりも祭事など
主要な機能も備えていたという。
今は通う人もなくなり荒れているが、よく見るとかつての石垣なども遺されており、霊山英彦山の
歴史の一端に触れる思いだ。


まず眼につくのが、「経窟」だ、他に「大行事窟」・「龍窟」・「門窟」が岩稜に沿うようにして
あり、もう一つの「鶯窟」は谷を隔て構えられている。

P9020054.JPG

大行事窟。

P9020059.JPG

龍窟。

P9020068.JPG

門窟。

P9020063.JPG


P1730497_collage.jpg

岩盤から勢いよく水が噴き出し、これが「円通の滝」と呼ばれている清水で、他にも大行事窟からの
流れもあり、汗もたちまち治まる涼しさだ。
ここからの水が、奉幣殿境内のご神水として引かれているのです。

P9130009.JPG

さて、記者さんの撮影は首尾よくできただろうか。
「円通の滝」を撮るのは、下から掬い上げるようにして中々苦労します。

P9110026.JPG

P9110006.JPG


P9130024.JPG

P9130013_collage.jpg

アケボノソウの群生は咲き始めたばかり、ナギナタコウジュの固い蕾、などなどの中に場違いのように
真っ赤なマンジュシャゲがよく目立ってましたね。

お疲れさまでした。

★ つれづれに一句

  聖域に 彩を尽くして 曼殊沙華   yamahiko
    ・せいいきに いろをつくして まんじゅしゃげ







posted by やまひこ at 00:17| 史跡ご案内