2018年09月25日

只今工事中にて

9月25日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9240009.JPG

財蔵坊は、只今工事中です。

それでも土・日曜日は通常通り公開しているので、昨日はその当番でしたが、とにかく室内も外も
正に工事現場そのもので足の踏み場もない。

P9240008.JPG

P9240006.JPG

P9240003_collage.jpg

先日伐採したタブノキが積み上げられた裏庭、少しづつ薪にしようと頑張っていたら、見学者が
ポツリ・ポツリと入って来る。
特に午後からは下山してきた登山者のグループが多く、それなりに(?)忙しくなったが、外からの
見学とその案内になり、それもこういう状態では致し方のないことです。

熊本県の〇〇様、夕方のメール有り難うございました。
次に来られる時は室内の工事も終わり、囲炉裏に赤々と火が入っていると思います。
またお訪ねください。

★ つれづれに一句

  秋冷の 坊の一日 忙しなく   yamahiko
    ・しゅうれいの ぼうのいちにち せわしなく


近くの坊跡には、サクラタデの群生があり今年も咲き始めている。

P9240022.JPG


P9240023.JPG


P9240026.JPG

これからは、タデ科の花が多くなってくる。






posted by やまひこ at 00:00| 財蔵坊日記

2018年09月11日

平日は

9月11日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9100008.JPG

財蔵坊のキンモクセイは、樹木医の手当ても済んで只今養生中、それでもよくよく見れば
小さな花芽を付け始めているし、今月末には例年通りに咲き始めるだろう。

室内の工事が始まる前の庭手入れで、樹齢を重ねて傷んでいたカキやタブの伐採も終わった。

P9100014.JPG

P9100016_collage.jpg

職人の仕事は、手早く綺麗なものだ。
伐採された枝や幹が積み上げられ、裏庭に小山のようになっている。

P9100012.JPG

さて、これを囲炉裏の薪にするのは私たちの出番になります。
切って割って揃えて、軒下に積んで・・、と云う作業は暑い時期には到底できるものではなく、
涼しくなってくるこれからが、丁度好いシーズンです。

これは皆でワイワイと半分はお遊びのようにやっているが、昔は山暮らしの大事な冬支度
だったことだろう。

P9100017.JPG

ウメモドキ。

P9100031.JPG

ツユクサ。

P9100033.JPG

ヤブラン。

平日の財蔵坊は、人気もなくまったく静かなものだな。








posted by やまひこ at 00:00| 財蔵坊日記

2018年08月24日

只今工事中です

8月24日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6170003[1].jpg

お知らせです。

土・日曜日に公開している、財蔵坊(県文化財)は工事中です。
詳細はこちらをご覧ください。
https://www.town.soeda.fukuoka.jp/docs/2018082100011/

工事中も従来通りに見学は出来ますが、少々は雑然としているかもしれませんね。


P8230007.JPG

P8230013.JPG

P8230008_collage.jpg

庭先のキンモクセイの古木は、一部が洞のようになり樹勢が衰え心配していたのですが、まずは
樹木医の手入れ、養生がされてこれからを見守るばかりです。


2013_0912_081645-P1290885[1].jpg

10月の初めには毎年その香りを放つ英彦山のキンモクセイは、メディアでも取り上げられ、すっかり
季節の風物詩としてお馴染みになっています。

後世へ守り継ぐための、この度の工事です。
ご理解のほど、宜しくお願い致します。

★ つれづれに一句

  守り継ぎ 語る継ぐ事 秋灯下   yamahiko
    ・まもりつぎ かたりつぐこと しゅうとうか


本日のおまけ。

P8180003.JPG

意外なところで見つけた、準絶滅危惧種に指定されている二シキキンカメムシ。
いつもはツゲの木で見られるが、この時はイワギボウシの花に遊びに来ていたのかも。







posted by やまひこ at 00:00| 財蔵坊日記