2017年10月14日

落ち葉の頃に

10月14日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA140024.JPG

秋雨前線が停滞中とかで、どうも空模様がハッキリしないが、それでも土曜日なので、
当番の財蔵坊は開けなければ・・・。

これから暫くは雨続きの天気になりそうなので、あれこれ片付けなどもある。

PA140041.JPG

囲炉裏の火が、暖かく感じる頃になってきました。

本日の、「財蔵坊百景」です。

PA140045.JPG

PA140025_collage.jpg

参道を行き交う人も少なく静かなもので、さて、落ち葉掃きをしよう。

もうそんな季節になっているんだなぁ、これからは一雨ごとに落ち葉掃きに終われる英彦山ですが、
そんなこんなをしていると、たちまち時間は過ぎてゆく。

PA140027.JPG

★ つれづれに一句

  もてなしに 残す落ち葉の 彩として   yamahiko
    ・もてなしに のこすおちばの いろとして


お知らせです。

PA140020.JPG

裏庭にハチの巣がありますので、近づかないようにしてください。




posted by やまひこ at 17:26| 財蔵坊日記

2017年08月20日

晩夏の日差しに

8月20日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8190028.JPG

昨日の財蔵坊、朝から熱心な見学者が多く案内に追われる。
今は室内の修復中で雑然としているが、これも文化財の維持保存の過程を観てもらう
好い機会だとも思う。

P8190020.JPG

P8190012.JPG

庭の夏エビネが、咲き始めている。
涼し気な色です。

もう何年も前、自宅から沢山の山野草を持ち込みこの庭に植えたが、鹿の食害ですっかり
やられて、今残っているのはエビネ類とクリンソウだけになってしまっている。
エビネは木陰が多いこの庭に馴染んでいるようで、この夏エビネも一株だけだったのが、
いつの間にか子株が出来ている。

英彦山の庭には、やはり山野草が似合います。

P8190017_collage.jpg

P8190042.JPG

暑い・暑いと云いながら、登山帰りに立ち寄られた若松の海彦さん。
しばらく山の話で盛り上がり、次は紅葉の頃ですか?

そうこうしている内に、日差しは夕方が近くなっている事を知らせているようで、
財蔵坊の一日はたちまちの内に、過ぎて行きます。

★ つれづれに一句

  一日の 終わり近づく 晩夏光   yamahiko
    ・いちにちの おわりちかづく ばんかこう





posted by やまひこ at 03:41| 財蔵坊日記

2017年08月13日

只今修復中

8月13日(日)

お盆休を迎えて、皆さんどのようにお過ごしですか。
私は久し振りに財蔵坊の当番でしたが、今は室内の工事が入って雑然としていて、これでは
見学者を迎えるような状況ではないですね。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8120012.JPG

江戸時代末期に建てられたという財蔵坊です、古さが味わいとは云え、少々の傾きやらが出てきても
無理がないことで、それを修復しながら、直しながらの維持管理です。

P8130006.JPG

こういう時は外回りの作業が好いだろうと、草刈りに汗を流して時間を過ごしましたが、ここは
やぶ蚊が多く、蚊取り線香よりもまずモクモクと煙を出すことですね。
綺麗サッパリとなった庭に草木を燻した煙が上がる、これも英彦山らしいものです。

P8130001_collage.jpg

これを書いている今、外は虫の声が聞こえています。
もう秋の気配?、そういえば日中はまだまだ暑いけども、夕方からグンと気温が下がり始めて来た様な。
英彦山の人達は「盆トンボ(これも英彦山だけの言葉か・・)」が飛び始めると秋らしくなる、とよく
云うのを思い出します。
少しづつ、秋になり始めているのかも知れませんね。

★ つれづれに一句

  昨日今日 似て非なるものや 秋めきぬ   yamahiko
    ・きのうきょう にてひなるものや あきめきぬ





posted by やまひこ at 21:30| 財蔵坊日記