2017年06月26日

梅雨深む

6月26日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6250024.JPG

英彦山には、鬼や天狗が棲んでいるという。
そういう逸話は、もしかしたら本当なのかもしれないと思わせるようなこの頃。

大雨にはならずとも、英彦山の梅雨は山霧に深く覆われ暗く、家の中までその湿りはジワジワと
進入して、不快指数の極まりだと思うような日々になる。

P6250004_collage.jpg

P6250029.JPG

それでも、この幽玄も霊山英彦山らしいなとも思うのです。

★ つれづれに一句

  梅雨寒や 英彦の天狗に 逢へそふな   yamahiko
    ・つゆざむや ひこのてんぐに あえそうな


そして、今日はこれも。

P6250001.JPG
                  (西日本新聞・25日朝刊より)

アジサイの季節だ。




posted by やまひこ at 00:00| 歳時記

2017年06月21日

いよいよ雨が

6月21日(水)

雨が降り始め、いよいよ本格的な梅雨がやって来たなと思う。
それに備えて昨日は一日中あちこちから、草刈り機や家普請の大工仕事の音などが響いていたが
どうやらそれも落ち着き始めたなと思う頃の雨。

今月末は集落の神社の祭りがあるので、それが終わるまでは空模様が気がかりだが、神事は
雨が降ろうがどうなろうが、日延べは出来ないものでせめて大雨にならなければ好いが。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1680953.JPG


P1680954.JPG

ジメジメと鬱陶しい事が多くなるが、常と変わらぬ日を過ごしたいですね。

★ つれづれに一句

  霊山の 絶へぬ水音に 梅雨来たる    yamahiko
    ・れいざんの たえぬみおとに つゆきたる



posted by やまひこ at 00:00| 歳時記

2017年05月11日

田水張る

5月11日(木)

P5100001.JPG

久し振りに津野の方へ行ったら、田んぼには水が張られ代搔きも終わったようで、すっかり
田植えの準備ができている。
英彦山を源流とする、豊穣の田んぼだ。

★ つれづれに一句

  源流は 英彦の一滴 田水張る   yamahiko
    ・げんりゅうは ひこのいってき たみずはる

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1680325.JPG

田んぼにはシラサギたちも来ていて、これもこの季節の景色としてお馴染みです。
カエルの声も、賑やかになって来る頃だ。
里の季節到来を、教えてくれている。

P5100004_collage.jpg

これから早苗が植えられ、日毎に景色は変わって行く。

★ つれづれに一句

  山峡の 暮らしを守りて 田水張る   yamahiko
     ・やまかいの くらしをもりて たみずはる




posted by やまひこ at 00:00| 歳時記