2016年08月10日

ツチアケビは

8月10日(水)

2016_0809_105222-P1650235.JPG

この時期に山を歩いていると、初めて見る人は思わず立ち止まって
しまう、ツチアケビ。
こう見えてラン科の植物で、花が終わりもう果実になっているが、よく言えば
愛嬌があるような、不気味でもある。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2016_0809_102454-P1650228.JPG


昔から薬草として珍重され、酒に漬けこみ滋養強壮剤として愛用されて
来たというが、これを始めて口にした人は相当度胸があるなと思う。

一度見たら忘れることはない、ツチアケビの色と姿です。


★ つれづれに一句

  片陰に 忘れ得ぬ色 ありにけり   Yamahiko
     ・かたかげに わすれえぬいろ ありにけり


本日のおまけ。

2016_0809_104239-P8090004.JPG

★ つれづれに一句

  山深く 晩夏の光 ある水面   Yamahiko
    ・やまふかく ばんかのひかり あるみなも




posted by やまひこ at 00:00| 植物・夏

2016年08月06日

カノコユリが

8月6日(土)

2016_0805_112903-P8050078.JPG

カノコユリが、咲き始めている。
日当たりの良い岩肌や、坊跡の石垣から鮮やかな花姿を覗かせているが
花びらが元気よく反り返っているのが特徴だ。

2016_0805_112939-P8050080.JPG

2016_0804_145510-P1650186.JPG

2016_0804_145547-P1650188.JPG

短い英彦山の夏を、精一杯華やいでいる。

★ つれづれに一句

  散り易き ことにも夏の 花として   Yamahiko
    ・ちりやすき ことにもなつの はなとして

さて、猛暑の中の土・日皆さんはどのように過ごされますか?
夏バテにお気をつけて〜。
オリンピックも高校野球も始まり、暑くて熱い日の始まりになりそうですね。



posted by やまひこ at 00:00| 植物・夏

2016年08月04日

深倉峡へ

8月4日(木)

2016_0803_131804-P8030037.JPG

この時期になると深倉峡へ行きたくなり、その中でも姥ヶ懐は深閑とした
静けさと涼しさだ。
深い緑と渓谷の水音が、そう思わせるのかも知れない。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2016_0803_130413-P8030020.JPG

2016_0803_131118-P8030026.JPG

2016_0803_133204-P8030060.JPG

2016_0803_132053-P8030040.JPG


★ つれづれに一句

  水音の 高まるところ 涼しかり   Yamahiko
    ・みずおとの たかまるところ すずしかり

水遊びの親子連れやハイカーも来ていて、この涼しさを楽しんでいる。

2016_0803_133607-P8030068.JPG

水音と奇岩の、深倉峡です。

2016_0803_133051-P8030054.JPG

2016_0803_133143-P8030058.JPG

2016_0803_131313-P1650179.JPG

2016_0803_130619-P8030021.JPG   2016_0803_125905-P8030008.JPG

咲き始めている、マツカゼ草などの野草たち。

2016_0803_123938-P1650138.JPG

花後のイチヤクソウを見つけた、来年を楽しみにしよう。

2016_0803_134312-P8030071.JPG

深倉の里から見る、障子ヶ岳。



posted by やまひこ at 00:00| 植物・夏