2017年07月21日

英彦山・7月の花、植物たち

7月21日(金)

月末にはまだ日にちを残しているのですが、明日から北海道行きなので、7月の花の
覚書をまとめました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1690053.JPG P7010001.JPG P7010010.JPG

P7010013.JPG P7010023.JPG P7010027.JPG

オオヤマレンゲ、クリンソウ(花後)、キノコ、ナンテン、キンシバイ、ユキノシタ。

P7020045.JPG P7020065.JPG P7020080.JPG

P7020084.JPG P7100001.JPG P7100003.JPG

バイカツツジ、ウチョウラン、キノコ、フガクスズムシソウ、マタタビ、マタタビ。

P7100010.JPG P7100011.JPG P7100020.JPG

P7100033.JPG P7100034.JPG P7100036.JPG

サワギク、クモキリソウ、ヤマアジサイ、ミズタビラコ、キノコ、キノコ。

P7100038.JPG P7100040.JPG P7100051.JPG  P7100053.JPG P7100055.JPG P7100063.JPG

ショウジョウバカマ、バイカツツジ(落花)、タマガワホトトギス、オトギリソウ、
タカネマンネングサ、キノコ。

P7100066.JPG P7100069.JPG P7120001.JPG

P7120011.JPG P7130021.JPG P7130054.JPG

コナスビ、ツクシガシワ、コオニユリ、ギボウシ、ツチアケビ、キノコ。

P7130085.JPG P7130087.JPG P7130106.JPG

P7130128.JPG P7130137.JPG P7200036.JPG

キノコ、キノコ、トチバニンジン、オオハンゲ、キノコ、キノコ。

P7200055.JPG P7200057.JPG P7200061.JPG

P7200070.JPG P7200074.JPG

ウスノキ、シコクママコナ、ヒヨドリバナ、キノコ、キノコ。

今月は少ないですね。
連日の大雨で外に出る日が減ったことと、周辺であれほどの災害が出たことで花に目を向ける
ような、心の余裕がなかったからかもしれません。
やはり何事も平穏な日常があればこそだと、つくづく思い知らされた7月になりました。

★ つれづれに一句

  夏草の 花の生命を 愛しめり   yamahiko
    ・なつくさの はなのいのちを いとしめり


・福岡県道路状況
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/
・スロープカー運休のお知らせ
http://www.hikosan-slopecar.info/




posted by やまひこ at 11:54| 植物・夏

2017年07月12日

太陽に負けない色、コオニユリ

7月12日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7120001.JPG

太陽に負けない朱色、コオニユリが咲き始めた。
でもこれは国道の横で、山中で咲くのはもう少し待たないといけませんね。

季節は、どんどん巡っていきます。

P7120006_collage.jpg

P7120004.JPG

猛暑日、真夏日、と云う言葉が聞かれる頃になってきました。
英彦山は街中に比べると、気温が低いので夏の涼しさは格別ですが、それでも最近の大気温の
上昇からは逃れることはできず、それなりに(?)暑くなってきた。

明日は南岳コースの巡視で、グルリと歩いてきます。
聞くところによるとこの度の大雨被害で、土砂の流出などでかなり荒れている個所もあると云い、
とにかくそれを確認してきます。

★ つれづれに一句

  梅雨明けの 近き花色 なりしかな   yamahiko
    ・つゆあけの ちかきはないろ なりしかな




posted by やまひこ at 20:52| 植物・夏

2017年07月02日

英彦山・6月の花、植物たち(その2)

7月2日(日)

英彦山・6月の花、覚書きの続きです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6120012.JPG P6120017.JPG P6120019.JPG

P6130003.JPG P6130029.JPG P6130081.JPG

ニガナ、ノイバラ、ウツボグサ、ルイヨウボタン、ヤシャビシャク、マルミノヤマゴボウ。

P6130088.JPG P6130090.JPG P6130098.JPG

P6150082.JPG P6180002.JPG P6180004.JPG

キノコ、コバナノフユイチゴ、モミジウリノキ、ジンバイソウ、ヒメジョオン、ネズミモチ。

P6180007.JPG P6180008.JPG P6180010.JPG

P6190002.JPG P6190004.JPG P6190008.JPG

カタバミ、マユミ、シロツメグサ、ウメモドキ、カタバミ、ニワゼキショウ。

P6190009.JPG P6190018.JPG P6190023.JPG

P6210028.JPG P6210030.JPG P6210036.JPG

ジキタリス、ウンゼンマンネングサ、ギンパイソウ(坊の庭)、ヤマボウシ、ウメモドキ、テイカカズラ。

P6210040.JPG P6210044.JPG P6210047.JPG

P6230002.JPG P6230004.JPG P6230020.JPG

キンシバイ、グミ、ツユムラサキ、ツルアリトオシ、ミゾホオヅキ、キノコ。

P6230026.JPG P6230080.JPG P6230090.JPG

P6230094.JPG P6230100.JPG P6230102.JPG

ヤマムラサキシキブ、タンナサワフタギ、サルナシ、エゴ、ツクシガシワ、マタタビ。

P6250033.JPG P6260005.JPG P6270007.JPG

P6270011.JPG P6270012.JPG P6290007.JPG

コケ、ネム、キノコ、キノコ、キノコ、ツチアケビ。

英彦山と云う大きな括りの中では、ほんの一部ですがここに記録しておきます。
7月になり、散る花新しく咲き始める花と、植物の世界も衣替えのシーズンのようです。

★ つれづれに一区

  七月の 山が真青に 迫りくる   yamahiko
     ・しちがつの やまがまさおに せまりくる


本日のおまけ

P7010018.JPG

緑のトンネルを抜けて。



posted by やまひこ at 00:00| 植物・夏