2018年08月14日

盆の花、ミソハギ

8月14日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8050018.JPG

ジイジイと鳴く油蝉が暑さを一層そそり、秋草が咲き始める頃お盆を迎えます。
ミソハギが、小さく風に揺れている。

昨日は盆の入りでしたが、この日を向かえるためにまず墓掃除をして供花を供える。
この墓前に供える花、今は色々な栽培種があり盆に使われていますが、昔はほとんど山野の花で
先祖を祭ったと云います。

英彦山は鷹巣原高原が入り会いの採草場で、ナデシコ、キキョウ、オミナエシ、ミソハギなどの
盆の供花を戴く場所でした。
これらの草花は、ちょうど盆のころに花をつける。

P8050017.JPG


今ではすっかりそれらの花を見ることはなくなり、このミソハギも坊の庭隅にひっそりと
咲いているのみになっています。

山野で美しく咲く花を先祖の霊に手向けるのは、ごく自然であったように思われますね。

★ つれづれに一句

  野に出でて 供花の支度も 盆の頃   yamahiko
    ・のにいでて くげのしたくも ぼんのころ


いつもは静かなこの英彦山の山里も、お盆の期間は帰省している人達で賑わう。
外はいよいよの蝉時雨、つかの間の故郷の風と土の匂いだ。









posted by やまひこ at 00:00| 植物・秋

2017年12月01日

英彦山・11月の花、植物たち

 12月1日(金)

11月に見た英彦山の花、植物の覚書です。

紅葉を追っかけてばかりいたので、つい撮り損なったものもあります。
そして、「これを撮ってもなぁ・・、写真映え(今流行りのインスタ映え?)しないなぁ・・」、
というものはパスしたりしています。

画像は左側から、順番に。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1700480_collage.jpg

アジサイの花後、ガクアジサイの花後、タツナミソウ、ヤブランの実、ヤマルリソウ、シュウメイギク。

PB030024_collage.jpg

ギボウシの実、シュウメイギクの花後、ヤブコウジ、カキの照葉とススキ、ハハコグサの花後、
ホトトギス(坊の庭)。

PB060032_collage.jpg

ツタ、ムカゴ、キッコウハグマ、ハキダメギク、ヌスビトハギの実、ゲンノショウコ。

PB090081_collage.jpg

カタバミ、サザンカ、サラシナショウマの花後、サザンカ、ムサシアブミの実、ナンテン。

PB120057_collage.jpg

ユウゼンギク(坊の庭)、ハナタデ、ウバユリの実、キノコ、サザンカ(坊の庭)、チャ。

PB200003_collage.jpg

ケヤキの実、ノアザミの花後、コナスビ、エイザンスミレ(返り咲き)、ノアザミ、ウメモドキ。

PB230026_collage.jpg

ツルウメモドキ、ゲンノショウコの花後、ヒメジョオン、ホオヅキ、ダイコンソウの花後、カキ。

PB270018_collage.jpg

ヤツデ、マユミ、ニシキギ。

今日から12月に入り、野山は枯れ色が増えるばかりでチョット張り合いがないなぁ、と思ったりも
するが、霜が降り雪で辺りは真っ白になり、それを楽しめるのも山棲みならではの事です。
それらも、日々アップしたいと思っています。

★ つれづれに一句

  恙なく 山に棲まひて 十二月   yamahiko
     ・つつがなく やまにすまいて じゅうにがつ



posted by やまひこ at 00:00| 植物・秋

2017年10月31日

英彦山・10月の花、植物たち

10月31日(火)

10月に見た英彦山の花、植物たちの覚書です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1690852_collage.jpg

それぞれ左から
アケビ、サザンカ、サザンカ、キノコ、オタカラコウ、シラヤマギク。

PA010017_collage.jpg

アリドオシの実、ヤマシャクヤクの実、シュウメイギク、ツユクサ、キノコ、キノコ。

PA040026_collage.jpg

キノコ、ダイモンジソウ、アケボノソウ、キノコ、アキノキリンソウ、キノコ。

PA090002_collage.jpg

ツチアケビ、スギヒラタケ、マツカゼソウ、ドングリ、シキミの実、ジンジソウ。

PA100001_collage.jpg

サルトリイバラ、アキグミ、ススキ、クチベニタケ、ツチトリモチ、ウズラソウの花後。

PA110091_collage.jpg

キツネノマゴ、ヒヨドリバナ、イヌトウバナ、白ホトトギス(坊の庭)、ヤブコウジ
ヤブランの実。

PA130015_collage.jpg

ミゾソバ、ヤブマメ、ヨメナ、チャ、トリカブト(坊の庭)、サラシナショウマ。

PA140037_collage.jpg

サンショ、ゲンノショウコ、ゲンノショウコの花後、ニシキギ、ヒヨドリジョウゴ、ノアザミ。

PA170016_collage.jpg

オニルリソウ、ツワブキ、ウメモドキ(坊の庭)、キノコ、タカネハンショウヅルの花後、
ムサシアブミの実。

PA200025_collage.jpg

ギンモクセイ、ナンテン、ミズヒキ、キノコ、マユミ、キッコウハグマ。

PA250086_collage.jpg

??の花後、イヌタデ、ヒメジョオン、ムカゴ、ハキダメギク、ハナタデ。

今日で10月も終わり、紅葉が色付くにつれて花達は実を結んだり、色褪せてゆきます。

★ つれづれに一句

  深秋や 刻の流れの 彩に出て   yamahiko
    ・しんしゅうや ときのながれの いろにでて





posted by やまひこ at 00:00| 植物・秋