2017年09月15日

ウスギモクセイが香る

9月15日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9150004.JPG

本日2回目の更新です。

あれこれに気を取られている内に、ウスギモクセイが香る頃になっている。
この花は散りやすいが・・ご心配なく、2度咲きするので今月末辺りから他のキンモクセイと
一緒に新たに開花し始めます。

P9150005_collage.jpg

P9150013.JPG


開花と云っても小花の密集で、その散り際も好いものです。

★ つれづれに一句

  木犀の 散れる小花を 踏むまじく   yamahiko
    ・もくせいの ちれるこばなを ふむまじく






posted by やまひこ at 14:36| 植物・秋

2017年09月06日

山茶花(サザンカ)

9月6日(水)

英彦山には折々に季節を告げる花があって、例えば春3月はミツマタ、4月は参道のサクラ、
オオヤマレンゲ、ヒコサンヒメシャラ・・、などが次々に咲き競う。

秋はキンモクセイが香りを放ち、ススキがなびき、それからはいよいよ紅葉のシーズン到来となるが
それにはチョット早いこの頃、坊の庭先などでサザンカが咲き始めている。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9050009.JPG

P9050008.JPG

英彦山のサザンカは原種に近いもので、それ故に華やかさはないがこの山里の静けさに合っているし
樹齢を重ねているので、大きく茂っている。
英彦山にサザンカやツバキが多いのは、その昔、燈明などの油を採るために植えられたとも云われて
おり、大切な暮らしの糧だったのかもしれない。

これから咲き継ぎ、散り継ぎを繰り返す英彦山のサザンカです。

★ つれづれに一句

  降る雨に 咲ひて山茶花 なりしかな   yamahiko
    ・ふるあめに さいてさざんか なりしかな 





posted by やまひこ at 00:51| 植物・秋

2017年09月02日

英彦山・8月の花、植物たち

 9月2日(土)

8月に見た、英彦山の花達の覚書です。

北海道遠征もあったのでいつもより少ないのですが、そして、撮り残してしまっているのもあり、
それは今月に追っかける事にします。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8100018.JPG P8110011[1].jpg P8110020[1].jpg

P8110093[1].jpg P8180006.JPG P8180025.JPG

ギボウシ、クサアジサイ、イワタバコ、トチバニンジン、マツカゼソウ、クリ。

P8180031.JPG  P8180038.JPG  P8180040.JPG

P8180049.JPG  P8180054.JPG  P8180074.JPG

キノコ、キンミズヒキ、シコクママコナ、ヒヨドリバナ、オトギリソウ、コフウロ。

P8180076.JPG  P8220014.JPG  P8220016.JPG

P8220018.JPG  P8270002.JPG P8270025.JPG

ヤマシャクヤク、ゲンノショウコ、ナツエビネ(坊の庭)、サイコクイワギボウシ、キノコ、
アキノタムラソウ。

P8270045.JPG  P8270048.JPG  P8270049.JPG

P8270051.JPG  P8270053.JPG  P8270068.JPG

カラスウリ、シュウカイドウ、ヤマノイモ、ツユクサ、テッポウユリ、ヘクソカズラ。

P8270070.JPG  P8280002.JPG  P8280024.JPG

P8280044.JPG  P8280046.JPG  P8280053.JPG

アゼムシロ、ツチアケビ、サイコクイワギボウシ、ヤマホトトギス、ヤマシャクヤク、ヤマトウバナ。

P8290001.JPG  P8290005.JPG  P8300015.JPG

P8300017.JPG  P8300019.JPG  P8310002_1.JPG

イヌタデ、フジカンゾウ、ヤブラン、ミゾホオズキ、サンショウ、ボタンヅル。

P8310010.JPG P8310019.JPG P8310070.JPG

P8310089.JPG P8310096.JPG P8310097.JPG

P8310099.JPG P9010003.JPG

シュスラン、キノコ、ミヤマウズラ、ノイバラ、クズ、ヘクソカズラ、ノアズキ、ヤブミョウガ。
花を終えて、実を結ぶものが多くなる頃です。

★ つれづれに一句

  花は実に 歳月流れ 易きかな   yamahiko
    ・はなはみに さいげつながれ やすきかな




posted by やまひこ at 00:00| 植物・秋